『ジオウ』犬飼貴丈が、『ビルド』奥野壮に「たくましくなった」

#仮面ライダー

犬飼貴丈と奥野壮
犬飼貴丈と奥野壮
犬飼貴丈と奥野壮
前列左から高田夏帆、福崎那由他、犬飼貴丈、奥野壮、大東駿介、押田岳。後列左から水上剣星、武田航平、大幡しえり、渡邊圭祐、山口恭平監督
犬飼貴丈
奥野壮
渡邊圭祐
福崎那由他
武田航平
高田夏帆
押田岳
大東駿介
水上剣星
大幡しえり
犬飼貴丈
奥野壮

劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』初日舞台挨拶が12月22日に新宿バルト9で行われ、『仮面ライダージオウ』より奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐、『仮面ライダービルド』より犬飼貴丈、高田夏帆、武田航平、水上剣星、劇場版ゲストの大東駿介、福崎那由他、そして山口恭平監督が出席した。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は2000年の『仮面ライダークウガ』からはじまり、『仮面ライダージオウ』でシリーズ20作目を迎えた平成仮面ライダーシリーズの集大成となる劇場版。仲間が次々と記憶を失っていく中、ソウゴは戦いの中で出会ったライダー好きの青年に「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」と言われてしまう。

この日は『ジオウ』と『ビルド』より8名が出席し、入場時には劇場後方より客席間通路を通り、ファンは大絶叫。初日を迎え、まだ鑑賞前という犬飼は「ジオウとビルドチームで映画は初めてですけど、どういう化学反応が起きているか僕たちもまだ見れていないので、すごく楽しみです」と期待。昨日鑑賞したという奥野は「僕は早くみなさんに届けたい気持ちで、ドキドキと嬉しさとで胸がいっぱいです」と話し、「演じていた僕ら自身が鳥肌が立つ映画でした」と太鼓判を押した。

また、先輩たちとの共演に奥野が「1、2話でも共演させていただいて、今回成長した姿を見せられたらという思いで現場に挑みましたけど、成長したという話をされていなくてショックを受けています…」といじけてみせると、犬飼が「会った頃よりもすごく体つきも目つきもたくましくなったかなとは久々に会って感じましたよね」と撮影時の心境を吐露した。

その他にもクロストークで盛り上がり、見どころに押田が「前半コメディ調のところがありますけど、いつもの僕らとは全然違うキャラを演じているので」とアピールすると、渡邊も「結構今まで取材で話していたことと、昨日見た感じが違っていて。取材では結構難しい話だとみんなで言っていましたけど、すんなりと入ってくるような物語だったので、そこも注目して見てたいただきたいと思います」と話した。

ビルドチームからは高田が「航平さんと赤楚(衛二)君と一緒に演じたシーンではアドリブ禁止令が出ていた気がします」とぶっちゃける一幕も。これに武田は「たぶん、僕らがやりすぎているから現場で禁止令が出されてしまって。完全に牙を抜かれた猿渡一海と万丈龍我です」と明かし、続けて「なので、ちょっと静かに見えるかもしれないですけど、たぶん、それくらいがちょうど良かったバランスであって、今まで僕らがやりすぎていたのだと役者とし反省させられた映画です」とまさかの反省トークで笑いを誘っていた。
(text&photo:中村好伸)