『ファンタビ』ジャパンプレミアにニュートとダンブルドア先生が登場!

#ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

(C) 2018 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved. 
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.
(C) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) J.K.R.

『ファンタスティック・ビーストと魔法の旅』の続編である『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のジャパンプレミアが開催されることが決定。主人公ニュート役のエディ・レッドメインと、本作で若き日のダンブルドア役を演じたジュード・ロウらメインキャストが来日することがわかった。

[動画]来日するエディ・レッドメインとジュード・ロウからのコメント入り映像

『ファンタスティック・ビーストと魔法の旅』は、世界中で約900億円もの興行収入を叩き出し、日本においても73.5億円の大ヒットを記録。まさしく『ファンタビ』現象を巻き起こし、『ハリー・ポッター』の世界観の人気の高さを世に知らしめた。そんなファンの期待に応えるかのように、最新作となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』には、あのホグワーツ魔法魔術学校が登場。さらに、パリの魔法界もニュートたちが大活躍する舞台となる。

期待が高まる日本公開を前に、主要キャスト陣がジャパンプレミアに来日。登壇するのは、ニュート役のレッドメイン。ダンブルドア先生役のロウ。ニュートに心惹かれる魔法使い・ティナ役のキャサリン・ウォーターストン。ティナの妹で魔法使いでもあるクイニー役のアリソン・スドル。そして、人間でありながらニュートの頼もしき相棒であり、パン屋を営むジェイコブ役のダン・フォグラー。レッドメインは前作『魔法の旅』以来、約2年ぶり、ロウは『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』以来、実に約6年ぶりの来日となる。

来日するレッドメインとロウは「こんにちは! エディ・レッドメインです。11月に日本に行くのを楽しみにしています。今回はダンブルドア先生を連れて行きますよ! 日本のみなさん、杖の準備はいいですか? 日本中に魔法をかけに行きます!」。「ダンブルドアです。新しい『ファンタビ』を日本に紹介できることを楽しみにしています」とコメントしている。

ジャパンプレミアは11月21日。翌11月22日には、公開前夜祭としてスペシャルファンナイトを実施する。ファンからの質問にキャストたちが答える特別な時間も設けられる予定だ。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日より全国公開となる。

INTERVIEW