夫の裏切りに傷つきながらも前進する女性の姿 シャルロット・ゲンズブール主演、エマニュエル・ベアール共演の珠玉作

#The Passengers of the Night#エマニュエル・ベアール#シャルロット・ゲンズブール#フランス映画#映画

『The Passengers of the Night(英題)』
(C)2021 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA
『The Passengers of the Night(英題)』
『The Passengers of the Night(英題)』

人生のドラマチックな変化は、些細で平凡な一瞬一瞬のなかに

シャルロット・ゲンズブールが主演を務めるミカエル・アース監督最新作『The Passengers of the Night(英題)』が、2023年4月に全国公開されることが決定した。

・“香り”の能力でタイムリープ! 少女が飛び込んだのは、ある村で起きた悲劇と愛の記憶

1981年、パリ。街は選挙の祝賀ムードに包まれ、希望と変革の雰囲気で溢れていた。そんな中、エリザベートの結婚生活は終わりを迎える。ひとりで子どもたちを養うことになった彼女は、深夜放送のラジオ番組の仕事に就くことに。そこで出会った家出少女のタルラを自宅へ招き入れ、交流を重ねるなかで自身と子どもたちの心に変化が訪れる――。

夫との別れ、芽生えた恋、子どもたちの成長、そして下した決断とは? 人生で訪れる様々な変化を乗り越え、1歩ずつ前へと進んでいくエリザベートの姿は力強く、観る者の心をつかむ。些細な、あるいは平凡にさえ見える出来事こそが人生の一大イベントであり、本当の意味でのドラマチックな変化だということに気づかせてくれる。

『The Passengers of the Night(英題)』

主演は、『なまいきシャルロット』(85年)で初主演にしてセザール賞有望若手女優賞を受賞し、『ブッシュ・ド・ノエル』(99年)でセザール賞最優秀助演女優賞、『アンチクライスト』(09年)でカンヌ国際映画祭の女優賞受賞したシャルロット・ゲンズブール。鬼才ラース・フォン・トリアー監督作『ニンフォマニアック』(13年)で体当たりの演技を見せた彼女が、今作では夫の裏切りに傷つきながらも、たくましく前へ進む女性の等身大の姿を演じ上げる。

そして彼女と同年代を彩った名優エマニュエル・ベアールが圧倒的な存在感を放ち、主人公の人生を左右する存在となる。本作の舞台となった時代を代表するスターたちが、そこに生きる登場人物たちそのままのリアルな姿を演じてみせた。

監督は前作『アマンダと僕』(18年)ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門受賞、東京国際映画祭でグランプリと最優秀脚本賞W受賞の快挙を成し遂げた、フランス映画界の次世代を担うミカエル・アース。

『The Passengers of the Night(英題)』は2023年4月に全国公開される。