切なくも美しいディストピア・アニメ『バブル』、Netflix日本&世界でTOP10入り!

#Netflix#NetflixTOP10#アニメ#コラム#ディストピア#バブル#りりあ。#志尊淳#荒木哲郎

『バブル』
Netflix映画『バブル』全世界配信中(劇場版は5月13日より全国公開)
(C)2022「バブル」製作委員会
『バブル』
『バブル』
『バブル』

日本が世界に誇る最強クリエイターによる圧巻のグラビティ・アクション

【Netflix TOP10】Netflixがオリジナル作品やライセンス作品を対象に、視聴時間で人気作品をランキングする「NetflixのTOP10」。今回「ムビコレ」がピックアップするのは、4月28日から配信がスタートしたNetflix映画『バブル』(劇場版は5月13日より全国公開)。Netflix日本およびグローバルともに第3位にランクインした、切なくも美しいディストピア・アニメーションだ。

志尊淳のぶっきらぼうだけど心に優しさがある役作りに「いい案配」

メガホンを取るのはアニメ『進撃の巨人』シリーズの荒木哲郎、脚本を『魔法少女まどか☆マギカ』、劇場版アニメ『GODZILLA』シリーズの虚淵玄、キャラクターデザイン原案を『DEATH NOTE』、『バクマン。』の漫画家&イラストレーターの小畑健、そして音楽を『プレメア』の澤野弘之が担い、『SPY×FAMILY』を手掛けるアニメーションスタジオ“WIT STUDIO”が制作を務める。

『バブル』

(C)2022「バブル」製作委員会

日本が世界に誇る最強クリエイター集団が集結して具現化したのは、泡によって重力が壊れ、廃墟であると同時に楽園にもなっている東京。低重力の世界で繰り広げられるグラビティ・アクションはスピーディかつ爽快感にあふれ、晴れ渡る青空、緑豊かな花々、そして重力の歪みを感じさせる禍々しい渦巻などコントラストが効いた芳醇な色彩に魅了される。

重力の均衡が崩れた東京で織りなすボーイ・ミーツ・ガール

ある時空から泡が降り注ぎ、未知の力を有した“バブル”が世界に混乱をもたらした。それから5年、大爆発とさらなる降泡現象によってライフラインが途絶えた東京は、見捨てられ、いつしか家族や行き場を失くした若者たちの住処に。バブルが重力を操る元首都では、孤児たちによって生活物資を賭けた危険な“パルクールバトル”が行われていた。そのチームの1つ「ブルーブレイズ」のエースであるヒビキは、爆心地から聞こえる歌の謎を解き明かそうとタワーへと向かう。しかし複雑な重力場を突破できずに海へと落下した彼は、不思議な能力を持つ少女・ウタに助けられる。

『バブル』

(C)2022「バブル」製作委員会

人魚姫のアンデルセン童話をベースとしたオリジナル作品!

デンマークの作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる「人魚姫」の童話をモチーフとするオリジナルストーリーの本作。童話では王子様に恋をした人魚姫が最後に泡となって消えていくが、この物語では知的生命体である“バブル”が、少年に恋をしたことで少女へと変身する。謎多きバブルの背景や個性豊かなパルクールチームの紹介など情報量をギリギリに抑え、ヒビキとウタが共鳴しながら運命を重ねていくプロセスに重きを置いたことで、2人の絆を象徴する歌の神秘性が際立つ仕上がりに。

ヒビキの声を担当したのは志尊淳。苦悩を抱える主人公を深みのある演技で体現した。またエンティングテーマを担当したシンガーソングライターのりりあ。が、ヒロインのウタをキュートに好演! さらにバブル調査にあたる科学者マコトに広瀬アリスが扮したほか、宮野真守、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、井上麻里奈、三木眞一郎ら人気俳優陣も集結! 実力派によって血肉を与えられた、魅力的なキャラクターたちにも注目してほしい。

NetflixグローバルTOP10でアニメーション作品として唯一のランクイン入り!

今週集計(4月25日~5月1日)のNetflix日本TOP10(映画)は、10本中6本が新たな作品という波乱の入れ替えに。そんな中、『バブル』はハリウッドのアメコミ大作をしのいで第3位にランクイン。NetflixグローバルTOP10(映画/非英語)でも、ランク内唯一のアニメーション作品として視聴445万時間を記録して第3位に食い込む健闘を見せた。なお世界でもオーストリア、フランス、ドイツを含む15ヵ国においてTOP10入り!(文:足立美由紀/ライター)

【Netflix日本Top10(映画)/4月25日~5月1日】
1位『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ! 花の天カス学園』
2位『鳩の撃退法』
3位『バブル』
4位『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』
5位『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結(吹替版)』
6位『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
7位『愛は、この日を迎えて』
8位『AI崩壊』
9位『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
10位『桜のような僕の恋人』

INTERVIEW