有村架純と中村倫也が“こじらせ凸凹コンビ”結成! リーガルドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』7月放送

#石子と羽男―そんなコトで訴えます?―#中村倫也#有村架純#塚原あゆ子#新井順子#TBS#ドラマ#リーガルドラマ

『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』
(C)TBS
『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』
『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』

女優の有村架純と俳優の中村倫也が、7月から始まる新リーガルドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』でW主演を飾る。

・『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』解禁された他写真1枚はこちら!

“石羽コンビ”が織りなす異色のリーガル・エンターテインメント

本作は、吉高由里子主演のドラマ『最愛』を手がけた新井順子プロデュース、塚原あゆ子演出のリーガル・エンターテインメント。4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石子と1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男のコンビが、誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む様を活写。正反対のようでどこか似た者同士の2人が、様々なトラブルに挑む中で自らのコンプレックスに向き合い成長していく姿をオリジナル脚本でコミカルに描く。

石田硝子(通称:石子)を演じるのは有村。2018年の『中学聖日記』以来、4年ぶりのTBSドラマ出演となる。石子は「真面目でコツコツ積み上げていく、そして石のように頭が固い」ことから「石子」と呼ばれている。東大法学部を首席で卒業したものの司法試験に4回落ちており、まわりには「弁護士になれないんじゃなくて、ならない」と言っているが、本当は次も落ちるのが怖くて試験を受けるのを諦めた。現状の自分にコンプレックスを抱きながらパラリーガルとして父親が営むマチベン「潮法律事務所」に勤めている。石子の父親・綿郎は、お人好しで困っている人を見ると放っておけず、無料で弁護を請け負ってしまうことも。そんな父親のようにはなるまいと、石子は少しの無駄も許さない倹約家で法律事務所の経理も担当している。

羽根岡佳男(通称:羽男)を演じるのは中村。TBSドラマへの出演は2020年の『この恋あたためますか』以来2年ぶり、金曜ドラマ枠の出演は2019年の『凪のお暇』以来3年ぶりだ。羽根岡は写真のように見たモノを記憶する「フォトグラフィックメモリー」の持ち主で、司法試験予備試験と司法試験に1回で合格している、一見“できる”弁護士。「羽のように軽やかな性格」=「羽男」と自称しているが、実際は対応能力に欠けていて想定外のことが起こると思考回路が停止してしまう。それがコンプレックスになっているが、そんな様子を見せまいと「型破りな天才弁護士」をブランディングしている。4回司法試験に落ちた東大卒のパラリーガル・石子と、1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男。互いにコンプレックスを持つ“こじらせた”2人が、パラリーガルと弁護士としてコンビを組むことになる。

出演にあたって有村は「石子は、自分自身が演じたことのないパラリーガルという役どころです。頭が固いんですけど、石子の持っているチャーミングさや無邪気さみたいなものを、羽男さんとの掛け合いの中で、いろんな表情を見せながら表現できたら面白くなるのかなぁと思っています。羽男さんと石子の凸凹コンビが、物語を追うごとにどう噛み合っていくのか、それも物語を見ながら見守っていて欲しいです。また、毎話ゲストでいらっしゃる方々との話数ごとの空気感など、そういうものを見ながら楽しんでいただけたらなと思います。がんばります!」とコメント。

中村は「新井さん・塚原さんのチームで、有村さんと一緒に凸凹コンビで、身近なところにある事件をピックアップした弁護士さんのお話と聞いて、それだけでだいぶワクワクするというか楽しそうだなと思いました。ドラマに出てくるトラブルは、もしかしたら皆さんの身近に起こる、もしかしたら起こったことのある出来事かもしれませんし、いろんなところで感情移入できるところが多いと思います。そして軽い気持ちで軽快に楽しめるものになったら良いなと思います。これから撮影を頑張って、ぜひともテレビの前のみなさんに毎週楽しみにしてもらえるようなドラマを作りたいなと思います。がんばるぞ!」と意気込んでいる。

『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』は、TBS系列にて7月より放送スタート。