タワマン妻たちの不倫劇! 『金魚妻』がNetflix TOP10に3週連続ランクイン

#Netflix#NetflixTOP10#不倫#岩田剛典#篠原涼子#金魚妻

『金魚妻』NetflixTOP10
Netflixシリーズ『金魚妻』独占配信中

篠原涼子×岩田剛典が魅せる禁断の愛!

【Netflix TOP10】Netflixがオリジナル作品やライセンス作品を対象に、毎週の人気作品をランキングする「Netflix TOP10」。全世界または90ヵ国以上の国別で月曜日から日曜日までの合計視聴者時間を基に集計している。今回「ムビコレ」がピックアップするのは2月14日から配信がスタートしたNetflixシリーズ『金魚妻』(英題:Fishbowl Wives Season 1)。現在、「Netflix日本TOP10」(TV)で3週に渡りランクインしている。

岩田剛典、許されないと知りながら思わず優しく抱きしめる…

『金魚妻』は、篠原涼子とEXILE/三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典が織りなす大人のラブストーリー。黒澤Rによる300万部超(紙&電子)の人気コミックスを原作に、タワーマンションで暮らす人妻6人に禁断の愛が描かれる。最上階の43階で暮らすヒロインの平賀さくらを篠原、さくらを献身的に支える年下男性の春斗を岩田が扮し、下層階に暮らす妻たちを長谷川京子、松本若菜、中村静香、瀬戸さおり、石井杏奈が扮した。

男が一番欲情できない生き物とは…

物語は、さくらの夫・卓弥(安藤政信)と18階に住む人妻・ゆり葉(長谷川)による濃密な浮気シーンから幕開けする。美容師だったさくらはある事故がもとでハサミを握れなくなってしまったが、共同経営者として卓弥とともに多数のサロンを成功させたことで勝ち組に。しかし内情では卓弥の浮気やモラハラ、DVに悩まされていて、そんな時に下町で金魚屋を営む春斗と運命的に出会い、恋に落ちる。

シリーズでは、さくらの恋物語「金魚妻」を縦軸に、残る5人の妻のエピソードが「改装妻」、「頭痛妻」、「外注妻」、「弁当妻」、「伴奏妻」のタイトルで横軸として交差していく。「妻にした女なんて、男が一番欲情できない生き物だよ」という卓弥のセリフが象徴するように、身勝手な夫によって寂寥感に苛まれる“妻の受難”が親密なカメラワークで活写される。

Netflixシリーズ『金魚妻』

Netflixシリーズ『金魚妻』

妻たちのもの哀しさに共感、全世界TOP10入りの快挙も

さくらの誕生日パーティには15階以上の住民しか招待されないなどの居住階ヒエラルキーがあったり、夫とは真逆のタイプの男性の出現にトキメいたり~といささかベタな設定ではあるけれど、家庭における妻たちが感じる“もの哀しさあるある”は多くの女性たちの共感を呼ぶところ。さらに毎回さまざまなパターンの官能シーンも盛り込まれていて、その背徳感にもドキッとさせられる。傍目から見れば恵まれた生活を謳歌しているように見えるタワマンの人妻たち。彼女たちは「なぜ、不倫に堕ちて行ったのか?」。セレブ妻たちを突き動かした理由は自分のその眼で確かめて欲しい。

今週は惜しくもランク外だったものの、「Netflix全世界TOP10」(非英語TV)では公開初週(2月14日~20日)7位、翌週(2月21日~27日)8位の快挙を果たしていた本シリーズ。「Netflix日本のTOP10」(TV)では初週から2週連続で1位を獲得し、今週(2月28日~6日)は4位と若干後退。並み居る韓国勢に唯一食い込む日本発ドラマだけに、今後の健闘に期待したい。(文:足立美由紀/ライター)

【Netflix日本Top10(TV)/2月28日~3月6日】

1位『未成年裁判』
2位『気象庁の人々』
3位『39歳』
4位『金魚妻』
5位『愛の不時着』
6位『今、私たちの学校は…』
7位『二十五、二十一』
8位『梨泰院クラス』
9位『社内お見合い』
10位『結婚作詞、離婚作曲』

INTERVIEW