沢田研二が山荘で料理しながら執筆活動『土を喰らう十二ヵ月』2022年秋公開

#土を喰らう十二ヵ月#映画#土井善晴#沢田研二#中江裕司

tuchi
(C)2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会

沢田研二が単独主演を務める新作映画『土を喰らう十二ヵ月』が、2022年秋に公開されることが分かった。監督・脚本は中江裕司。

・中川翔子、婚活が趣味の“イケてる女子”演じる『婚姻届に判を捺しただけですが』

沢田研二、長野の山荘で山の実やきのこを採り、畑で育てた野菜を自ら料理

本作は、昭和を代表する作家・水上勉によるエッセイ「土を喰う日々 ―わが精進十二ヵ月―」を原案とする劇場映画。沢田演じる作家ツトムが、人里離れた長野の山荘で1人、山の実やきのこを採り、畑で育てた野菜を自ら料理し、季節の移ろいを感じながら、原稿をしたためる様を描く。

今回沢田は、2020年2月から撮影を開始。日本の里山を舞台に四季の移り変わりを描く作品ゆえに、1年の撮影を予定していたが、コロナ禍に伴って撮影延期と再開を繰り返した。そして2021年7月26日にクランクアップ。1年6ヵ月に渡る撮影を終えた。

クランクアップ時に沢田は「本当に長い、長い、長い撮影でしたけれど、本当の意味で超大作になるように期待しております。本当にお世話になりました。ありがとうございました」と挨拶。挨拶後、愛犬を演じた“もも”の頭を何度もなで、別れを惜しんだという。

料理研究家・土井善晴が初めて映画で料理指導

同エッセイの魅力を生かした脚本を体現するために重要なのは、登場する数々の料理をどう描くか。ツトムが作るのは、畑の野菜や、その地の旬のものを生かした料理であり、日本の生活に根づいた食事の数々。

そこで白羽の矢が立ったのが、料理研究家の土井善晴。脚本の中で描かれた料理をどう作り、どう盛りつけるか。中江監督と打ち合わせを繰り返し、ツトムの料理を具現化。料理を作るのみならず、沢田には料理や手さばきの指導、器選びなど本作の細部に土井の感性が生かされている。また、劇中に出てくる畑や食材の多くは、スタッフが撮影現場の近くに住み込み、農家の方々と協力しながら、作り上げたものだという。

本作で映画料理の指導を初めて手がけた土井は「なにしろ、沢田(研二)さんとご一緒させていただいたことが、とても光栄なことでした。そして “土”と生活がつながっている感じが細部にまで現れていて、監督の思いが伝わってきました。本当にありがとうございました」とコメントしている。

『土を喰らう十二ヵ月』は2022年秋より公開。

INTERVIEW