『王になった男』イ・ビョンホン インタビュー

初の時代劇でコミカルな一面を披露したトップスターを直撃

#イ・ビョンホン

コミカルな演技を観客が笑ってくれなかったらというプレッシャーは大きかった

韓国の絢爛豪華な王朝時代を舞台に、暴君の影武者となった男の苦悩と葛藤を描いた『王になった男』。王と瓜二つだった道化が、わずか15日間の“在位期間”に、民のことを考える真の王に変化し、周囲を魅了していく様子を通じてリーダーシップとは何かが描かれていく。

韓国で記録的大ヒットとなった本作で王と影武者の2役を演じたのはイ・ビョンホン。『G.I.ジョー』などハリウッド大作でも活躍するビョンホンに、『王になった男』について話を聞いた。

──今回は1人2役を演じたのですが、出演した感想は?

ビョンホン:本作は夜の場面が多く、徹夜することも多くてすごく疲れたのですが、できあがった作品を見て「ああ、1人2役を楽しんで撮ったんだなぁ」と思えました 。

──道化の役ということで、コミカルなシーンも印象的でした。初期のテレビドラマ以来、久しぶりにコミカルなビョンホンさんを見た気がしますが、いかがでしたか? またコミカルな演技は得意ですか?

ビョンホン:私はすごく面白い人間だと思いますよ。だから、周囲の人間は映画の私を見て特に新鮮とは思わなかったようです(笑)。ただ、コミカルな演技を観客が笑ってくれなかったらどうしようというプレッシャーはとても大きかったですね。
 また、撮影直前までは面白くできる自信があったのですが、撮影が始まったばかりの頃は「感覚が鈍ったかな」と不安に思ったこともありました。撮影現場でスタッフは笑ってくれるのですが、劇場でみなさんが見るときほどは笑ってくれないんです。だから、カットがかかって急に静かになると「あれ、面白くなかったかな」と不安になりました。「ユーモア感覚が少し鈍ったかな」って。

出演した理由は、最初にシナリオを読んだときの面白さ
イ・ビョンホン
写真:jino Park (studio BoB)

──暴君・光海君の王妃をハン・ヒョンジュが演じていますが、共演した感想は?

ビョンホン:同じ事務所なのですが、今まで、話をする機会はあまり多くなかったんです。今回共演してみて、とても悩む人なんだと思いました。撮影中も「先輩はこういうときはどうしますか?」とか「私はこう思いますが、先輩は?」などと質問してきて、彼女が何に悩んでいるかを知ることができました。

──テレビドラマ『アイリス』で共演しているリュ・スンリョンさんとも共演していますね。本作の撮影を通じて初めて親しくなったそうですが。

ビョンホン:『アイリス』のときはとても過酷な撮影スケジュールで、挨拶すらまともにできなかったんです。撮影現場でも会っていなくて、今回の映画で初めてきちんと挨拶しました。本当に素晴らしい俳優さんですよね。
 彼は人を笑わせるために常に面白いアイデアを考えていて、撮影中も互いに面白いアイデアを出し合っていました。なので、映画の面白いシーンがより面白いものになったと思います。

──ビョンホンさんに映画に出てもらうために本作のプロデューサーとチュ・チャンミン監督が、アメリカまで説得に行ったのに、監督はほとんど何も話さなかったそうですね。出演した理由は何なんですか?
『王になった男』
(C) 2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

ビョンホン:監督と製作会社の代表が私を説得しに来たのですが、監督は内向的な方で話しをせず、プロデューサーは逆に話をたくさんするので信頼できなそうなキャラクターでした(笑)。なので、説得役としてはあまり良くない人選でしたが(笑)、結果的に出演することに決めました。
 出演した決定的な理由は、最初にシナリオを読んだときの面白さです。ただ、出るかどうか長い間、悩んだ理由は、コミカルなシーンへの危惧もあったりしたためです。しかし最終的にはやれる自信があったので出演を決めました。

チュ・チャンミン監督は従うのが大変な人物
──無口な監督とお仕事された感想は?
ファンに手を振るイ・ビョンホン

ビョンホン:内向的で口数も少なく大人しくて、人の言うことをジッと聞いてくれる人っているじゃないですか。それでいて、自分のこだわりは人一倍強いという……(笑)。ひと言で言えば、従うのが大変な人物ですね。こちらの話をすべて聞いてから「ああ、それは一理ありますね。でもこうしてくれますか?」って。結局、私が望むカットと監督が望むカットを両方撮ってみたことも少なくありませんでした。

──初の時代劇にして、出演された韓国映画のなかで一番のヒット作となりましたが、感想は?

ビョンホン:まず、1200万人を越える動員は、映画を10年に1本しか見ない人たちも劇場へ行き、リピーターもいないと達成できない数字です。観客のみなさんには本当に感謝しています。本当にありがたいです。この映画は多くの人が見てくださって、大部分の方に満足していただいたので、とても理想的でした。本当に様々なことがマッチした素晴らしい作品だったので、今後もこんなふうに満足できる映画に出会えれば良いなと願っています。

来日記者会見でのイ・ビョンホン

──ビョンホンさんご自身は、王と道化のどちらに似ていると思いますか? また、演じやすかったのはどちらですか?

ビョンホン:道化が75%、王が25%くらいでしょうか。見知らぬ人の前では私は王のように見えると思うのですが、笑わせたりはしゃいだりするときは道化にとても近いですね。
演じやすかったのは、道化です。ただ、道化は笑わせる演技が多かったので、プレッシャーでもありました。

イ・ビョンホン
イ・ビョンホン

1970年7月12日生まれ。1990年代からテレビドラマを中心に活躍し、1996年に映画『ラン・ウェイ』で大鐘賞新人男優賞受賞、2000年に映画『JSA』で青龍映画賞人気スター賞、釜山映画評論家協会賞主演男優賞を受賞。ドラマ『美しき日々』(01年)や『オールイン 運命の愛』(03年)などで日本でも人気を博す。2009年に『G.I.ジョー』のストームシャドー役でハリウッドに進出。その後も『G.I.ジョー バック2リベンジ』(13年)、『RED リターンズ』(13年)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(13年)などアクション作を中心に活躍。今後も名作『荒野の七人』のリメイク作やアンソニー・ホプキンス、アル・パチーノと共演の『Misconduct(原題)』、韓国映画『Inside Man(英題)』が控え、韓国とアメリカで活躍を続けている。3月11日より、韓国R指定作品として歴代1位の座についた話題作『インサイダーズ/内部者たち』が日本公開される。

イ・ビョンホン
王になった男
2013年2月16日より新宿バルト9、丸の内ルーブルほか全国公開
[監督]チュ・チャンミン
[脚本]ファン・ジョユン
[出演]イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォン、シム・ウンギョン
[原題]光海 王になった男
[DATA]2012年/韓国/CJエンタテインメント/131分
(C) 2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved