『王になった男』イ・ビョンホン インタビュー

初の時代劇でコミカルな一面を披露したトップスターを直撃

#イ・ビョンホン

来日記者会見でのイ・ビョンホン
来日記者会見でのイ・ビョンホン
イ・ビョンホン
イ・ビョンホン

1970年7月12日生まれ。1990年代からテレビドラマを中心に活躍し、1996年に映画『ラン・ウェイ』で大鐘賞新人男優賞受賞、2000年に映画『JSA』で青龍映画賞人気スター賞、釜山映画評論家協会賞主演男優賞を受賞。ドラマ『美しき日々』(01年)や『オールイン 運命の愛』(03年)などで日本でも人気を博す。2009年に『G.I.ジョー』のストームシャドー役でハリウッドに進出。その後も『G.I.ジョー バック2リベンジ』(13年)、『RED リターンズ』(13年)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(13年)などアクション作を中心に活躍。今後も名作『荒野の七人』のリメイク作やアンソニー・ホプキンス、アル・パチーノと共演の『Misconduct(原題)』、韓国映画『Inside Man(英題)』が控え、韓国とアメリカで活躍を続けている。3月11日より、韓国R指定作品として歴代1位の座についた話題作『インサイダーズ/内部者たち』が日本公開される。

イ・ビョンホン
王になった男
2013年2月16日より新宿バルト9、丸の内ルーブルほか全国公開
[監督]チュ・チャンミン
[脚本]ファン・ジョユン
[出演]イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、キム・イングォン、シム・ウンギョン
[原題]光海 王になった男
[DATA]2012年/韓国/CJエンタテインメント/131分
(C) 2012 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved