あの『バーフバリ』主演俳優最新作は驚天動地のアクション映画!

#バーフバリ

『サーホー』ポスタービジュアル
『サーホー』ポスタービジュアル

日本でも大旋風を巻き起こしたインド映画『バーフバリ』シリーズで、数奇な運命に導かれた伝説の戦士で、主人公のバーフバリ役を演じたプラバース主演最新作『サーホー』の予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった映画『サーホー』予告編

本作は、架空の都市ワージーを舞台にしたクライムアクション。この街で起きた3億ドル(日本円で約330億円)の盗難事件。警察はこの難解な事件解決を、“伝説の捜査官”の潜入捜査に託すことになった。捜査官の名前はアショーク。窃盗団を追ううちにアショークは、巨大な裏組織が隠し持つ金庫の存在にたどり着く。巨万の富が眠る金庫の鍵となる<謎のブラックボックス>を巡って、アショークと裏組織たちとのアクションと予測不能なストーリーが幕を開ける!

解禁となった予告編は、大規模な窃盗事件が発生する中、捜査があるチームに託される場面からスタート。サングラスをかけ、さっそうと現れたのは「俺に不可能はない」と豪語するプラバース扮する主人公だ。

続いて描かれていくのは、全身全霊をかけた肉弾戦の数々。巨漢に強烈な一撃を食らわせたかと思えば、改造された巨大トラックが次々とパトカーを吹き飛ばす疾風迅雷のカーアクションなど、ド迫力シーンの連続。かと思えば、相棒のアムリタ・ナイル(シュラッダー・カプール)とアショークを中心に繰り広げる百花繚乱のダンスシーンが登場。さらには、パラシュートもつけずに雲よりも高い崖からダイブするなど、『バーフバリ』を超えるアクションのオンパレードだ。

さらにさらに、この予測不能の『サーホー』ワールドは、アクションだけではなく幾つかのエピソードが同時に進行。それらは一見して無関係に見えるも、予期せぬタイミングで絡み合い、関係したかと思えば観客を欺き、新たな展開が始まる。サーホー(SAAHO)とは一体何なのか? そして「見える物が真実とは限らない」というアショークの言葉の意味とは?

『サーホー』は3月27日より全国公開となる。