山崎賢人、苦手のダンスにチャレンジ「ダンサーズハイになれた」

#ヲタクに恋は難しい

山崎賢人と高畑充希
山崎賢人と高畑充希
山崎賢人と高畑充希
山崎賢人
山崎賢人
高畑充希
菜々緒
斎藤工
賀来賢人
若月佑美
ムロツヨシ
佐藤二朗
福田雄一監督
左から福田雄一監督、佐藤二朗、賀来賢人、斎藤工、高畑充希、山崎賢人、菜々緒、ムロツヨシ、若月佑美
若月佑美
高畑充希

山崎賢人と高畑充希が1月13日、東京・有明のTFTホールで行われたW主演映画『ヲタクに恋は難しい』の完成披露舞台挨拶に菜々緒、斎藤工、賀来賢人、若月佑美、ムロツヨシ、佐藤二朗、福田雄一監督とともに出席。和気あいあいとした雰囲気の中、本作にまつわる思いや撮影の苦労を語った。

『ヲタクに恋は難しい』完成披露舞台挨拶、その他の写真

本作は、累計発行部数900万部超の同名WEB漫画を原作とする新感覚エンターテインメント。隠れ腐女子・桃瀬成海(高畑)と幼なじみのゲームヲタク・二藤宏嵩(山崎)の不器用な恋愛を描く。

イベントは、劇中のミュージカルシーンの1つを再現したド派手なオープニングを皮切りにスタート。キャストらは、観客が手にするサイリウムの光の間を闊歩して登場した。

高畑は「すごい。これ(サイリウム)振ってもらったの初めて」と喜び、「面白くて、激しくてヤバい映画ができました」と観客に向けて挨拶。

久しぶりの福田組について「私、ミュージカル出身なので、『ラ・ラ・ランド』(16年)が流行る前からミュージカル映画に出たいなと思っていました。でも福田さんの作るミュージカル映画に出る予定はなくて…(笑)。ミュージカルコントのつもりはなかった」とこぼしつつ、「『初めてやるミュージカル映画が福田さんの映画って、どうなるんだろう?』と思い、すごく飛び込んでみたいと思って参加させて頂きました」と話した。

また、ボーイズラブ(BL)好きの役柄とあって「18禁のBL漫画を読んで勉強しました。結構すごかったです。撮影しているうちに“攻め”とか“受け”とか…」とBL用語を熱弁。「あやうくハマるところでした。新しい世界が見えてめちゃくちゃ楽しかったです」とほほ笑んだ。

高畑とW主演を担う山崎は、劇中でダンスにチャレンジ。「すごい難しかったです。ダンスは事務所に入る前から苦手で、レッスンすらしてこなかった」と言うと、福田監督は「下手だったですね〜、最初は」と納得顔。それでも山崎は「(撮影の)最後はダンサーズハイになることができました」とスッキリした表情を見せ、ステージ上でボックスステップ(編注:ダンスの基本ステップの1つ)を披露した。

成海と宏嵩の会社の先輩である樺倉太郎に扮する斎藤は「僕は攻めのように見えて、受けです」と突然告白。佐藤に「そ、それは聞いてないよ」とツッコまれながらも、「攻めに見られがちなんですけど…。紙一重の気がしてて、どちらでもいけるような気がします」と果敢に発言して客席を沸かせた。

同じ会社につとめる小柳花子役の菜々緒は、劇中で本格コスプレを披露。「すごい楽しかったです。コスプレをあんなにしっかりやったのは初めて。途中から自分自身が前のめりになってやった感じがあった」と明かし、「今まで発したことのない汚い言葉をたくさん斎藤さんに浴びせさせて頂きました」と恐縮すると、斎藤が「とっても自然でした」とジョークを飛ばして会場を盛り上げた。

『ヲタクに恋は難しい』は2月7日より全国公開となる。