2019年『全裸監督』『バチェラー・ジャパン』など動画配信の競争激化、ディズニーも参戦!

#映画#興行トレンド

Netflix『全裸監督』公式サイトより
Netflix『全裸監督』公式サイトより

19年は定額制ネット動画配信サービスの競争が激しさを増した。各社は差別化を図るためオリジナル作品の製作に注力している。

Amazonプライム・ビデオは松本人志プレゼンツによる密室笑わせ合いサバイバル番組『ドキュメンタル』(シーズン7まで配信)や、リアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』(シーズン3まで配信)、Huluは日本テレビのグループ会社である強みを生かし、日テレのドラマ『あなたの番です』『ブラック校則』『同期のサクラ』などに関連したHuluオリジナルストーリーを配信している。またHuluでは日本テレビがラグビーワールドカップを放送したことから、日本戦を含む7試合でマルチアングル配信を行った。

新記録樹立なるか! 絶好調だった2019年の映画ビジネスを振り返る

そして、19年に注目を集めたのがネットフリックスだ。15年の日本上陸以来、会員数を明かしてこなかった同社だが、 19年9月、プロダクト最高責任者のグレッグ・ピーターズ氏が「日本市場で約300万人の有料会員がいる」と明かしたのだ。ちなみに、11年にスタートしたHuluが202万件(19年3月時点)と発表されており、ネットフリックスに勢いがありそう(会員数では通販をお得に使える年額会員サービスであるAmazonプライムが大きく上回りそうだが)。

ネットフリックスのオリジナル作品といえば、今年のアカデミー賞で監督賞を受賞した『ROMA/ローマ』、来年のアカデミー賞で話題になりそうなマーティン・スコセッシ監督作『アイリッシュマン』など洋画が多いが、日本発のアニメやドラマも充実。中でも話題を集めたのがAV監督・村西とおる氏の半生をモチーフにしたドラマ『全裸監督』。同社によると、これまで日本製作のオリジナル作品としては、最も視聴された作品になったという。このヒットを受けてシーズン2の製作が決まっている。

なお海外に目を海外に向けると、動画配信の最大の話題はウォルト・ディズニーの参入だ。米国やカナダで11月12日から「ディズニー+」のサービスを開始し、初日の登録者数が1000万人を超えたと発表した。ディズニー+では、ディズニーが権利を所有するスター・ウォーズやマーベルのオリジナル作品が見られるのが強み。第1弾『マンダロリアン』はスター・ウォーズの人気キャラクターであるボバ・フェットの故郷・惑星マンダロリア舞台に、孤高のガンマンの姿を描く。日本でも動画配信サービス「ディズニーデラックス」で12月26日から配信される。(文:相良智弘/フリーライター)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。