渡辺謙も池田理代子の手で「ベルばら」風に!描き下しイラスト解禁

池田理代子による『ベル・カント とらわれのアリア』のイラスト
(C)池田理代子プロダクション
池田理代子による『ベル・カント とらわれのアリア』のイラスト
(C)池田理代子プロダクション

渡辺謙、ジュリアン・ムーアら日米豪華キャストが共演する映画『ベル・カント とらわれのアリア』公開に先駆け、漫画家・池田理代子が本作のために描き下したイラストが解禁された。

渡辺謙、『ベル・カント』への出演は「宿命だった」

本作は、1996年にペルーで起こった日本大使公邸占拠事件にヒントを得て、テロリストと人質との予期せぬ交流を描いたアン・パチェットの小説「ベル・カント」を映画化。危機的状況の中、人質の1人である世界的オペラ歌手ロクサーヌの歌声が彼らにどんな影響を与えたのか? 人の心を救うのは力ではなく、美しい芸術や温かな交流だと教えてくれる感動の人間ドラマとなっている。

ロクサーヌ役を、『アリスのままで』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたジュリアン・ムーアが演じ、ロクサーヌの大ファンである実業家ホソカワ役を渡辺謙、ホソカワの通訳をつとめる聡明で沈着冷静な男ゲン役を加瀬亮が演じている。

今回解禁されたイラストは、ムーア演じるロクサーヌ・コスの艶やかな姿を大きく中央に配し、見つめ合うホソカワとロクサーヌが2人のロマンスを、そしてテロリストたちの姿が緊迫のドラマを予感させる。池田の代表作「ベルサイユのばら」を彷彿とさせる世界観を感じられるイラストとなっている。

「マイクを通さない生の歌声が、如何に空気を振るわせて人間の聴覚を刺激し、感動を与えるか。それこそがまさにベル・カントの神髄であり、このような奇跡をも生み出し得るのだと実感した」と自らもオペラ歌手として活躍する池田ならではのコメントも添えられている。

『ベル・カント とらわれのアリア』は、11月15日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開となる。