市川海老蔵、息子勸玄くんの2度寝の様子を楽しそうに語る

#市川海老蔵

市川海老蔵
市川海老蔵
市川海老蔵
市川海老蔵
市川海老蔵
市川海老蔵
木村誠司社長と市川海老蔵
木村誠司社長と市川海老蔵
木村誠司社長と市川海老蔵
木村誠司社長と市川海老蔵

歌舞伎俳優の市川海老蔵が8月1日にYogibo Store 銀座1丁目柳通り店で行われたオープン記念トークショーに出席。アメリカのライフスタイルブランド「Yogibo(ヨギボー)」との出会いから、家族そろって商品を愛用している様子などを語った。Yogibo代表取締役社長である木村誠司氏も参加した。

Yogibo銀座店オープン記念トークショー、その他の写真

市川は、Yogiboとの出会いについて「福岡公演の際に、たまたま通りかかったストア内でYogiboに座らせてもらって、その座り心地に感動しました」と語り、「(歌舞伎俳優の)大谷廣松にこのことを話したら、彼の知り合いだった木村社長が後日、たくさんのYogiboを送ってくれて、これにはせがれがとてもよろこんでいました」と、隣に座る木村社長の神対応に感謝の声を述べていた。

そんなYogiboグッズを家族で気に入っているという市川家。誰が一番気に入っているかという話題になると、やはり息子である勸玄くんがもっとも気に入っているということ。「最近一緒に寝るんですけれども、朝起きてリビングにある大きいサイズ(Yogibo)で必ず2度寝するんですよ。彼が我が家で一番の愛好家です」と毎朝の光景を語った。

オープン記念モデルとして作られた、市川海老蔵紋様が入った「壽の字海老 Yogibo」については「代々受け継がれているもの(鏡台など)には成田屋の紋が必ず入っているのですが、うちの紋が入っていると微妙にリラックスできないなと」とコメント。「息子や娘が愛好し、そしてまた今度娘が襲名披露、妹が襲名披露、叔母が襲名披露という8月に、その時期でそういったものでコラボレーションしてくださるご縁に感謝するほかないです」と話していた。