アリータ演じる過酷な舞台裏!『アリータ:バトル・エンジェル』特典映像

#アリータ:バトル・エンジェル

(C) 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
(C) 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
(C) 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
(C) 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

SFコミックの最高峰として語り継がれる木城ゆきとの「銃夢」を、ジェームズ・キャメロン製作・脚本、ロバート・ロドリゲス監督で実写映画化し話題を集めた『アリータ:バトル・エンジェル』。この映画の先行デジタル配信が早くも本日7月31日にスタート。これを記念し、ブルーレイに収録される130分超の豪華特典映像の中の「メイキング・オブ・アリータ」から一部映像が解禁となった。

[動画]ローサ・サラザールがアリータになるまでの過酷トレーニング風景/映画『アリータ:バトル・エンジェル』特典映像

本作は、数百年先の未来を舞台に、強大な戦闘能力を持つサイボーグ少女アリータが、失われた記憶を求める旅をしていくなかで“心”を宿していく姿を描いたSFスペクタクル・アドベンチャー。スクラップの山の中で奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータ役をローサ・サラザール。彼女に新たなサイボーグの体を与え、まるで本当の子どものように大切に育てるサイバー医師のイド博士役をクリストフ・ヴァルツが演じている。

解禁となった映像は、アリータ役をパフォーマンスキャプチャーで演じたサラザールが、役決定後半年間に渡って、武術やローラースケートなどあらゆる訓練をする姿を捉えたもの。

映像は、汗まみれになりながら、サラザールが武術やアクション、ローラースケートに取り組むシーンからスタート。その映像に合わせるかのようにプロデューサーのジョン・ランドーが「アリータ役に決定したのが撮影の半年前。その日からローサは役作りに没頭した。武術からローラースケートまで、あらゆる訓練をね」と彼女の奮闘ぶりを称賛する。

また、サラザール自身「トレーニングの前の私はひ弱で、アリータには程遠かった」とコメント。それでも、アリータに自分自身を近づけようと、「持久力をつけるために体を絞り、食事も変えて、自己管理を徹底した。アリータを演じるには戦士のような思考や肉体、持久力が必要だった。訓練はキツかったわ」と過酷な日々を振り返っている。

『アリータ:バトル・エンジェル』は本日7月31日より先行デジタル配信開始、9月11日にブルーレイ&DVDがリリースとなる。