ウィル・スミス「作品で描かれる人たちが満足しなければ、僕にとって完全な失敗作だ」

##ドリームプラン#Be Alive#イシャ・プライス#ウィル・スミス#ビーナス&セリーナ#ビヨンセ#レイナルド・マーカス・グリーン

(c) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

ウィリアムズ一家も認めるリアルな演技を披露!

2度のアカデミー賞ノミネート、人気・実力共にハリウッドのトップを極めたウィル・スミスの最新作『ドリームプラン』。今回、ウィル・スミス、ビーナス&セリーナの実の姉で製作総指揮のイシャ・プライス、監督が製作について熱く語るメイキング映像および15秒スポット2本(感動の実話篇、驚きの実話篇)が同時解禁された。

・ウィル・スミス、娘を守るため取材に乱入!迫真の演技/映画『ドリームプラン』本編映像

「これは家族と信じる心を描く作品であり、愛と勝利をテーマにした作品だ」と語るウィルは、2人の娘が生まれる前に世界王者にする78ページの計画書を作った破天荒な父親リチャード・ウィリアムズを演じた。「単なるテニス映画とは違うよ」というウィルは「イシャ(ビーナスとセリーナの実の姉)やビーナスやセリーナが製作に関与することは不可欠だった」と語る。

世界最強姉妹ビーナス&セリーナの実の姉で、製作総指揮を務めたイシャが続ける。「私たちが何より求めたのは、信頼性と誠実さよ」と自身の家族の物語を映画化するにあたって並みならぬ情熱を注ぎ、製作に挑んだ。「多才で愛情深く、カリスマ性のあるウィルなら過去の作品同様、誠実に演じてくれると信じていた」と、家族の強い絆を描くためにはウィルはじめ製作陣とウィリアムズ一家のお互いの信頼が重要だったと語る。

また、ウィルは「作品で描かれる人たちが満足しなければ、僕にとっては完全な失敗作だ」と作品に登場するウィリアムズ一家が認めるリアルな演技を心がけたという。

レイナルド・マーカス・グリーン監督は「僕の人生に最も近い作品だよ」と語り、「史上最高のテニス選手ではないが、僕も父に野球を教えられ、治安の悪い地域で育った」と、治安の悪いロサンゼルス・コンプトンで練習を続けた幼少期の姉妹との共通点を笑顔で明かす。

ウィルは「リチャードの物語とウィリアムズ一家の物語は、アメリカンドリームの大きな一部だよ。ビーナスとセリーナのような物語が実現する場所はほとんどない」と、夢を持ちながらも厳しい現実に屈してしまう人も多いと指摘する。どんな困難があっても父リチャードと夢に向かって突き進んでいったビーナスとセリーナは、富裕層の白人が主体のスポーツだったテニス界を変え、前人未到の地を切り開き、世界中の多くの人々に影響を与えている。強い絆で結ばれたウィリアムズ家族の姿を描く『ドリームプラン』は、「家族愛と信じる心の力強い物語だ」と結んでいる。

15秒スポットが2本が到着した。感動の実話編は、娘の可能性を信じ抜いた父親による不可能を可能にした感動の実話が描かれる。驚きの実話編は、劣悪な環境下でどんな困難にも屈することなく父リチャードが、2人の娘を世界チャンピオンにした驚きの実話を伝える。ウィリアムズ姉妹と親交があるビヨンセの「Be Alive」が高らかに歌い上げる力強いメッセージが重なり、観客の心を揺さぶるスポット映像だ。

『ドリームプラン』は2月23日より全国公開。

INTERVIEW