ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> カップルの10人に1人が相手に殺意!? 知りたくない衝撃事実明らかに
(2014年 11月 21日)

カップルの10人に1人が相手に殺意!? 知りたくない衝撃事実明らかに

『カップルの10人に1人が相手に殺意!? 知りたくない衝撃事実明らかに』
『ゴーン・ガール』
(C) 2014 Twentieth Century Fox

他の画像はこちらから

『カップルの10人に1人が相手に殺意!? 知りたくない衝撃事実明らかに』
『ゴーン・ガール』
(C) 2014 Twentieth Century Fox

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  11月22日の「いい夫婦の日」を前に、映画『ゴーン・ガール』を配給する20世紀フォックスが15歳〜59歳の配偶者や恋人のいる男女300人を対象にパートナーに関する調査を行ったところ、10人に1人がパートナーに殺意を抱いたことがあると答えるという衝撃の事実が明らかになった。

[動画]解禁となった『ゴーン・ガール』本編映像

『ゴーン・ガール』は、『セブン』『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られる鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の最新作。すでに公開されている全米では、フィンチャー監督のこれまでの記録ホルダーである『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の興収1億2750万ドルを抜き、興収1億5374万2531ドルで自身の過去最高記録を樹立。今なお公開中で、さらなる伸びも期待されている。

物語は結婚5周年の記念日に、誰もが羨むような幸せな結婚生活を送っていたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)の夫婦の日常が破綻するというもの。妻のエイミーが突然姿を消してしまい、リビングには争った後、キッチンからは大量のエイミーの血痕が発見された。警察は他殺と失踪の両方の可能性を探るが、次第にアリバイが不自然な夫ニックへと疑いの目が向き始める。

一体、彼女に何が起きたのかが、徐々に明かされていく本作だが、先日行われたハリウッド賞レースの幕開けとなるハリウッド・フィルム・アワードでは「作品賞」「脚本賞」「音響賞」の3部門を受賞。アカデミー賞受賞への注目も集まっている。

また、ニックがエイミーの血液型すらわからず、怪しさが増していくシーンの本編映像も解禁となった。今回は、前述の殺意に関する調査のほかに、もう1つ、パートナーに対する理解についても併せて調査し“パートナーのことを100%理解している”という質問に「イエス」と回答した人は、全体の9.7%に過ぎず、血液型すら知らないという人が実に90.3%にも及ぶという驚きの結果が出たようだ。

『ゴーン・ガール』は12月11日に前夜特別上映が決定。12月12日より全国公開となる。

【関連記事】
行方不明の妻。殺害嫌疑がかかる夫。デヴィッド・フィンチャー監督最新作の特報解禁!
[動画]『ゴーン・ガール』特報
[動画]トム・クルーズ、ロザムンド・パイク、クリストファー・マッカリー監督/『アウトロー』ジャパンプレミア
ベン・アフレック インタビュー

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

人間の闇を描いた衝撃作でプロデューサー・主演を兼務

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>