ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『ピンクパンサー2』ハリウッドで活躍する日本人俳優・松崎悠希インタビュー | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> マシ・オカが「日本人のイメージ」を陽気に変えた!
(2009年 4月 11日)

マシ・オカが「日本人のイメージ」を陽気に変えた!

『マシ・オカが「日本人のイメージ」を陽気に変えた!』
ピンクパンサーと記念撮影する松崎悠希

他の画像はこちらから

『マシ・オカが「日本人のイメージ」を陽気に変えた!』

他の画像はこちらから

『マシ・オカが「日本人のイメージ」を陽気に変えた!』
インタビュー中…

[ムビコレNEWS]  4月11日公開の『ピンクパンサー2』は、スティーヴ・マーティン扮するクルーゾー警部がドタバタ騒動を繰り広げる人気コメディシリーズ最新作。今回は、世界中のお宝が次々と盗まれたことから、各国の精鋭捜査官が結集。フランスからはクルーゾー警部に白羽の矢が立つというストーリーだ。

ジャン・レノやアンディ・ガルシアといったスターが顔を揃える中、日本選出の捜査官役に抜てきされたのが、アメリカに渡って『硫黄島からの手紙』(06年)などに出演してきた松崎悠希。「エージェントにこの話を聞いたとき、ハリウッドでミュージカルに出演中だったため、ニューヨークのオーディションに行けなかった。代わりに友人の監督に撮ってもらったビデオを送って、オーディションに受かった」という。

「ラッキーなことに今回は、セリフはすべて英語でも、ジャパニーズアクセントで喋ってよかった」と振り返る松崎。「フランス、イタリア、イギリス、インド、日本と、それぞれのお国柄を強調するために、全員、英語がなまっているという設定だったので、これまで研究してきたジャパニーズ・イングリッシュを、すべてキャラクターの中に突っ込みました」と笑顔を見せる。

一方で、カメラをぶら下げた典型的な日本人と今回の役は、少々違っているようだ。「実はマーシー以前、マーシー以降というのがありまして……」と松崎は続ける。マーシーとは人気ドラマ『HEROES』でブレイク中のマシ・オカのこと。彼が登場する前と後とでは、アメリカにおける日本人像が一変した。

「マーシー登場前の日本人像は、みなさんがご存じの典型的なものなんです。でも、マーシーが登場して、あの明るいキャラクターがアメリカ人の意識に埋め込まれた。それによってアメリカ人は、日本人も泣いたり笑ったりするってことに気づいたんです。だからこそ、今回の僕のキャラクターも生まれてきたんだと思います」

将来の夢を尋ねると、「2つあります」と答えた松崎は、「1つは、ハリウッドの求める日本人像を、日本人も納得できるものへと内側から少しずつ変えていくこと。もう1つは、英語を完璧に勉強して、日本人が見ても、アメリカ人が見ても、アメリカ人に見える完璧なアメリカ人を演じること」と話していた。

【関連記事】
[動画]『ピンクパンサー2』松崎悠希インタビュー
[動画]『ピンクパンサー2』予告編
『ピンクパンサー2』作品紹介

MOVIE Collection