ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『軽蔑』で大胆なヌードを披露の鈴木杏、「監督はメチャクチャ感じが悪い!」と断言 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『軽蔑』で大胆なヌードを披露の鈴木杏、「監督はメチャクチャ感じが悪い!」と断言
(2011年 5月 17日)

『軽蔑』で大胆なヌードを披露の鈴木杏、「監督はメチャクチャ感じが悪い!」と断言

『『軽蔑』で大胆なヌードを披露の鈴木杏、「監督はメチャクチャ感じが悪い!」と断言』
左から鈴木杏、高良健吾、廣木隆一監督

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  不器用な男女の壮絶な愛を描いた『軽蔑』。鈴木杏が大胆なヌードシーンを披露していることでも話題を集めるこの映画の舞台挨拶が、5月14日に大阪なんばパークシネマで行われ、高良健吾と鈴木杏、廣木隆一監督が登壇した。

『軽蔑』作品紹介

本作は異端の無頼派、故・中上健次の小説を映画化したもので、廣木監督は「中上さんは憧れの作家さんです。今、なぜ『軽蔑』なのかというのもあると思いますが、男と女の本質を描いた作品なので、ストレートに映画にしてみたいと思いました」と、作品への思いを口にした。

『ヴァイブレータ』『余命一ヶ月の花嫁』『雷桜』などを手がけてきた廣木監督。キャストへの要求の高さでも有名だが、監督との仕事について高良は「廣木組って、役者は“どれだけその場にいられるか”が重要なので、自分にできるのか不安でもありました。廣木監督はいつも『その場にいてくれればいい』って仰るんですが、それが難しい!」とコメント。鈴木は「普段はメチャメチャ優しんですが、現場では感じの悪いオッチャンです(笑)」と、現場の内と外での大きなギャップについて明かしてから、「でも、厳しいけど愛情のある方です」とフォローしていた。

鈴木は本作でセクシーなポールダンスを披露しているが、撮影について「現場はホントにみんなが緊張している状態でした。ポールダンスは2ヵ月間練習したのですが、プロのダンサーさんがすごくて、追いつけるかなぁって不安もあり、本当に大変でした」と振り返った。

強く愛し合いながらも破滅へと向かうカズと真知子を演じた高良と鈴木。共演した感想について高良は「杏ちゃんは、すべて受け止めてくれる人。自分が演技に不安定な部分があるのですが、杏ちゃんは常に真知子として存在してくれていて、安心できた。2人で励ましあえたし、もし真知子役が杏ちゃんじゃなかったらと考えると、冷や汗ものです」と絶賛。一方、鈴木も高良のことを「本当にひたむきな人。(高良が)カズとして存在してくれていたので、私も真知子として存在していられた。カズが健悟じゃなかったらどうだっただろう……と思いました」と、高良のことを高く評価していた。

映画について高良は「理屈じゃなく互いを愛している2人だったので、自分も理屈なしに演じました。スクリーンのなかでキャラクターが生きているので、この作品を愛してもらえたら嬉しい」と話し、鈴木は「初めてのことが多く、乗り越えてできた作品。見てくださった方にいろいろなことを感じてもらえる作品なので、見た後に各々でゆっくり振り返ってもらえると嬉しい」と語った。

『軽蔑』は6月4日より角川シネマ有楽町ほかにて全国公開される。

【関連記事】
壮絶愛を描く『軽蔑』に主演した鈴木杏が初のウエディングドレス姿を披露!
[動画]『白夜行』完成披露/堀北真希と 高良健吾 ほか
たくましさ褒められた堀北真希、高良健吾に「繊細さも知ってほしい」とリクエスト
[動画]『軽蔑』予告編
ニュース、動画、作品紹介、映画情報ならムビコレ!

MOVIE Collection