ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!
(2010年 4月 27日)

『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!

『『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!』
堤真一(右)と夏川結衣(左)

他の画像はこちらから

『『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!』
外科医を演じた堤真一

他の画像はこちらから

『『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!』 『『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!』 『『孤高のメス』会見で、主演・堤真一に対するさりげない失言が続出!』
看護師を演じた… 左から中越典子… 左から平田満、…

[ムビコレNEWS]  医療が抱える問題を浮き彫りにしたベストセラー小説を映画化した『孤高のメス』の記者会見が、4月26日に東京・よみうりホールで行われ、主演の堤真一をはじめ、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出(いずる)監督が出席した。

[動画]『孤高のメス』記者会見/堤真一、夏川結衣ほか

原作者は現職医師・大鐘稔彦で、腐敗した地方病院に赴任してきた外科医・当麻鉄彦が、信念に基づき行動する姿が描き出されていく。司会がなぜか「真っ直ぐな信念を持った当麻のキャラクターには、ご自分と似ている部分は見あたらなかったかも知れませんが」と前置きしてから、共感した部分があったかと聞くと、堤は「すみません、本当に見あたりませんでした」と苦笑いしながら答えていた。

この日は堤に対するさりげない失言が立て続けに飛び出し、夏川も、「堤さんが演じてらっしゃる当麻先生は本当にステキで」と話す一方で、「堤さんが“時折”本当に当麻先生に見えた」と発言。堤が苦笑しながら「時折!?」と突っ込むと、あわてて「撮影以外のときでも、時折、当麻先生に見えたりするほど」と言い直していた。

次いで吉沢が、手術シーンの撮影を振り返り「堤さんが2倍くらい大きく見えた瞬間があって、尊敬の念が出てきた」と誉めるも、堤は「絶対、そんなこと思ってない(笑)。2倍に見えたのは、うっとうしくてデカく見えたんだと思います」とスネ気味。司会が「みなさん、そんなことないですよね」と助け船を出していたが、みんなは返事に詰まり微妙な空気が漂っていた。

また堤は、屋外での撮影中、皆既日食に遭遇したエピソードを披露。「(太陽が隠れると)急激に気温が下がってきて霧も出てきて、その時、太陽って大事なんだと思いました」と、太陽の偉大さを再認識したことを明かしていた。

『孤高のメス』は6月5日より全国公開される。

【関連記事】
岡田准一が堤真一を無視!? 『SP』記者会見で気まずい関係が明らかに…
松たか子、広末涼子らが舞台挨拶。堤真一は丸メガネがお好き!?
新聞記者も注目! 映画『クライマーズ・ハイ』の記者会見
『孤高のメス』作品紹介
[動画]『孤高のメス』予告編

MOVIE Collection