ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> 松ケン主演『珍遊記』の予告編解禁!倉科カナがまさかのお下品セリフ
(2016年 1月 26日)

松ケン主演『珍遊記』の予告編解禁!倉科カナがまさかのお下品セリフ

『松ケン主演『珍遊記』の予告編解禁!倉科カナがまさかのお下品セリフ』
『珍遊記』本ビジュアル
(C) 漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  松山ケンイチ主演で実写映画化される『珍遊記』の予告編が、1月30日からの劇場での上映に先駆け、いち早く解禁となった。

[動画]解禁となった松山ケンイチ主演『珍遊記』予告編

本作は1990年から92年まで週刊少年ジャンプで連載された、漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記〜太郎とゆかいな仲間たち〜」を実写映画化したもの。天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘が、偶然立ち寄った家のじじいとばばあに、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎を引き取り、何の因果か一緒に旅をすることになるというストーリー。

解禁となった予告編は、倉科カナ扮する坊主の玄奘が、田山涼成演じるじじいと笹野高史扮するばばあに対して「ち○こ、でございますか?」とおそるおそる尋ね、ばばあから「ち○こです」と返されるお下品なシーンからスタート。次いで松ケンや倉科をはじめ、溝端淳平、温水洋一、ピエール瀧らが演じる超個性的なキャラクターが紹介されていく。

途中、松ケンが真っ裸の後ろ姿で登場し、子どもたちに「フルチン通るべからず!」と言われたり、強いんだか弱いんだかわからないアクションが繰り広げられるなど、やりたい放題ながらも、本作の魅力をしっかりと凝縮した内容は、一見の価値あり。

また、BGMとして、これが本邦初公開となるRIP SLYMEによる書き下ろしのエンディング曲「Drop!」が使われ、ナレーションを俳優・声優の千葉繁が担当している点にも注目だ。

『珍遊記』は2月27日より新宿バルト9ほかにて全国公開となる。

松山ケンイチが坊主頭にパンツ一丁で伝説のギャグ漫画主人公演じる!
『珍遊記』ばばあ役の笹野高史「おばあさんを演じることに憧れておりました」
倉科カナ、もし彼氏を名乗る男が現れたら?「戸惑うけど、受け入れちゃいます」
[動画]実は2役を演じていた松ケン、 得意げに話すも芦田愛菜にバレバレ





MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

人間の闇を描いた衝撃作でプロデューサー・主演を兼務

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>