ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇
(2009年 10月 18日)

『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇

『『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇』
ジュッセッペ・トルナトーレ監督

他の画像はこちらから

『『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇』
フランチェスコ・シアンナ

他の画像はこちらから

『『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇』 『『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇』 『『ニュー・シネマ・パラダイス』名匠が東京国際映画祭で登壇』
マルガレト・マ… 『バーリア』 …

[ムビコレNEWS]  第22回東京国際映画祭で、『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)『海の上のピアニスト』(99)など数多くの名作を手がけるイタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作『バーリア』が上映され、監督と主演のフランチェスコ・シアンナ、ヒロイン役のマルガレト・マデがティーチインを行った。

監督の故郷でもあるイタリア・シチリア島の、住民たちが親しみを込めて「バーリア」と呼ぶ町バゲリーアを舞台にした作品で、1930年代から80年代に至るこの町の激動の歴史が綴られていく。監督自身と父親との関係を基にしており、「約1世紀に渡る、3世代の家族の生活を描きました。愛や夢、情熱、失望、政治など、さまざまなテーマを持っています」と監督。また、「とても個人的な作品」とも話していた。

郷愁を誘う映像が印象的だが、準備に9ヶ月、セット建設に1年、撮影に25週間かけたという。観客から、劇中に登場する広場の風景はセットなのかと聞かれた監督は、「約90%がセットでの撮影です」と答えた後、「もうああいう広場は存在しません」と付け加えた。

主演のフランチェスコは、長い時間軸の中での変化を出すことが難しかったと話し、「私はあの時代を生きていないので、バックグラウンドについて勉強した」と明かした。一方のマルガレトは「初めての映画だったので、(フランチェスコより)もっと難しかった」と大変さを語り、「おばあさんの世代の話なので、いろいろとおばあさんに聞いたり、監督に教わりながら演じた」と話していた。

【関連記事】
[動画]「第22回 東京国際映画祭」オープニングイベント
ポランスキー監督拘束について仏文化相が米司法制度に懸念
『アバター』サム・ワーシントンらが来日。鳩山首相も驚異3D映像を堪能
鳩山首相が東京国際映画祭に参加。映画スターになった気分とニッコリ
木村佳乃、杏、アントニオ猪木、辻仁成らが東京国際映画祭記者会見に登壇

動画がいっぱい!MOVIE Collection[ムビコレ]
最新ニュース会見・インタビュー動画

MOVIE Collection