ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> 【週末シネマ】困難を乗り越え“ちょっとだけ”成長した男の姿にリアリティを感じる
(2014年 3月 20日)

【週末シネマ】困難を乗り越え“ちょっとだけ”成長した男の姿にリアリティを感じる

『【週末シネマ】困難を乗り越え“ちょっとだけ”成長した男の姿にリアリティを感じる』
『LIFE!』
(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

『【週末シネマ】困難を乗り越え“ちょっとだけ”成長した男の姿にリアリティを感じる』
『LIFE!』
(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  『LIFE!』

飛び抜けた才能があるわけでもなく、容姿に恵まれたわけでもなく、勤勉なだけが取り柄の中年男。現実逃避するように、日常生活の中で突然空想の世界に浸ってしまう。ベン・スティラーが監督・主演する『LIFE!』は、そんな男が1枚の写真を探して、文字通り “想像を超える”大冒険へと踏み出していく物語だ。

【週末シネマ】教会が引き裂いた母子の絆──宗教と信仰の矛盾について考えさせる作

実は本作は1947年のダニー・ケイ主演作『虹を掴む男』のリメイク。60年以上の年月を経て、オリジナルでは恐妻家の主人公は、独身で婚活サイトに登録しつつ、年老いた母親の生活を心配するという、まさに現代の都会人そのものにアップデートされている。

『LIFE!』の主人公のウォルター・ミティは休刊が決まった「LIFE」誌の写真管理部で働いている。真面目な仕事ぶりで信頼の厚い彼のもとに、カリスマ的カメラマンから写真ネガが送られてくる。添えられた手紙には、そのなかの1コマが最終号の表紙写真用だと書かれているが、指定された番号がない。必死に探すが、見当たらず、ウォルターは大切な写真を求めて、携帯電話も持たないカメラマンを探す旅に出ることになる。

前半はニューヨークでの日常が描かれる。リストラ担当要員の嫌がらせを受けるとき、気になる同僚女性と会話するとき、ウォルターは現実逃避するように夢想する。CGを駆使したSFアクションになったり、ラブコメ風になったり、めまぐるしく変化するが、大がかりであっても意図的にチープに仕立てているように見える。所詮はつまらない男の貧困な想像力の産物なのだというように。

それが、秘境へ撮影に出かけたカメラマンを追い始めてからはどうだろう。わずかな手がかりを便りにアイスランドへ飛び、酔っぱらいパイロットが操縦するヘリコプターに飛び乗り、荒海にダイブする。得意のスケボーで山中を疾走し、火山噴火にも遭遇し、危険地帯にも踏み込んでいく。徐々に妄想は減っていき、“小説より奇なり”の現実を体感するのだ。

長い旅を終えた後、ウォルターはびっくりするほどキリッとした顔つきになる。だが、猫背は変わらない。何かを経験し、ほんの少しだけ変わった。そんなリアリティが伝わってくる。監督が主演もつとめる映画はほかにもあるが、その兼任がうまく作用した好例であり、『ズーランダー』『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』など、毒もあるコメディが得意なスティラーの新境地開拓と言えそうだ。

もう1つ、ウォルターを旅立たせるきっかけとなるカリスマ・カメラマンを演じるショーン・ペンが最高に良い。ちょっと他では見せたことのないようなキラー・スマイルとキャラクターで、彼もまたこれまでにない一面を見せている。(文:冨永由紀/映画ライター)

『LIFE!』は3月19日より全国公開中。

【関連記事】
[動画]ベン・スティラーから早くも次回作のオファーされ、岡村隆史も大興奮!
【この俳優に注目】プロデューサーとしても才能を発揮! 気骨溢れるイクメン俳優
[動画]『LIFE!』予告編
【週末シネマ】黒人監督が見つめた奴隷制度──現代にも通じる不条理描くオスカー受賞作

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】