ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

向井理、15歳の頃は人見知りで、いつも下を向いて歩いていた | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 向井理、15歳の頃は人見知りで、いつも下を向いて歩いていた
(2014年 1月 17日)

向井理、15歳の頃は人見知りで、いつも下を向いて歩いていた

『向井理、15歳の頃は人見知りで、いつも下を向いて歩いていた』
向井理

他の画像はこちらから

『向井理、15歳の頃は人見知りで、いつも下を向いて歩いていた』
向井理

他の画像はこちらから

『向井理、15歳の頃は人見知りで、いつも下を向いて歩いていた』
向井理

[ムビコレNEWS]  中田永一のベストセラー小説を映画化した『百瀬、こっちを向いて。』の予告編ナレーションを、同作に出演する向井理がつとめることとなり、1月16日にアオイスタジオで、そのナレーション収録が行われた。

向井理が『ドラえもん』で声優初挑戦! 未来の子孫“向井おさる”役演じる

同作は、向井演じる30歳の小説家・相原ノボルが、15歳で体験した元ももクロの早見あかり演じる百瀬陽との初恋を振り返る青春映画。この日、予告の映像を見た向井は「撮影から時間が経っていることもあって懐かしく感じました。以前から好きだった作家さんの小説が原作です。大人になって初恋を回想している物語なので、誰もが当時を思い出して、きっと共感してもらえるはず」とコメント。

ナレーションを担当した自身の声については「自分がしゃべって聞いてる声と他の人が聞く声は違いますよね。僕としては低い声だと思っていましたけど」と照れる一面もあった。

自身の15歳の頃を聞かれると「ずっと部活(サッカー部)だけの日々、家とグラウンドの往復で、恋愛もあまりしていなかったですね」と回答。「人見知りがあったので、いつも下を向いて歩いていた感じ。だから電柱にぶつかったりしてました(笑)」と続け、本作で非モテキャラとして描かれている主人公ノボルとの“内気”という意外な共通点を明かした。

向井が「あの時、言えなかったことがある。今でも伝えたい。百瀬、こっちを向いて」と語る本作の予告編は2月11日より劇場でお披露目となる予定。『百瀬、こっちを向いて。』は5月10日より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる。

【関連記事】
宮崎あおいと夫婦役を演じた向井理が宮崎に苦言!?
中山美穂、向井理と再共演するならハードアクションコメディ!
向井理の「女性って陰湿じゃない?」発言に香里奈が「嫌な思い出でも?」とツッコミ!
元ももクロ・早見あかりの初主演映画『百瀬、こっちを向いて。』の新ビジュアル解禁!

MOVIE Collection