ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレリアルガイドムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> ウォルト・ディズニーがミッキーマウスの吹き替え!? 証拠の短編アニメ映像が解禁
(2013年 12月 5日)

ウォルト・ディズニーがミッキーマウスの吹き替え!? 証拠の短編アニメ映像が解禁

『ウォルト・ディズニーがミッキーマウスの吹き替え!? 証拠の短編アニメ映像が解禁』
『ミッキーのミニー救出大作戦』

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  1901年12月5日生まれのウォルト・ディズニー。そんな彼の誕生日である本日12月5日に解禁されたのが、ミッキーの生みの親ウォルトが自ら声優をつとめた新作短編アニメーション『ミッキーのミニー救出大作戦』の1分ちょっとの映像だ。

[動画]解禁となった『ミッキーのミニー救出大作戦』映像

まずは解禁映像を見てほしい。ミッキーマウスでモノクロと言えば、『蒸気船ウィリー』を思い出す人も多いだろう。だが本作は、1928年の『蒸気船ウィリー』とは違い、正真正銘、21世紀の今日に新しく作り出された短編なのだ。

この短編は製作総指揮ジョン・ラセターのもと、“ミッキーマウスを現代の観客に再び紹介する”というアイデアで制作された、ミッキーマウスの短編シリーズ史上“初”の3D作品。

そして冒頭にも記したとおり、ウォルト・ディズニー自らがミッキーマウスの吹き替えを担当しているのだ。といっても、ウォルトは66年12月15日に亡くなっている。では、どうやって? その答えは現在の技術。こちらもラセターの「使うなら全部ウォルトの声にしよう」という指示のもと、スタッフが音声アーカイブからウォルト本人の声を一音一音抽出することで実現した、まさにウォルトの意思をついだような、ディズニー魂だからこそなせるわざなのだ。

ちなみに、この短編は来年3月14日に公開される『アナと雪の女王』と同時上映されるもので、劇場で3Dで楽しめるのは、もうちょっと先のこと。なお『アナと雪の女王』は11月27日に全米3742館で公開され、公開5日間の興行収入が9335万6000ドル(93億3560万円/1ドル100円換算)という好成績でディズニー・アニメーション史上No.1の大ヒットとなっている。

また、現地時間2日に発表されたアニメ界のアカデミー賞といわれる「アニー賞」でも、『ミッキーのミニー救出大作戦』は短編映画賞にノミネート。もちろん『アナと雪の女王』もノミネートされており、こちらは最多10部門でノミネートと、貫禄を見せている。

【関連記事】
ディズニー・ピクサーのヒットのヒミツ握るはこの人。ジョン・ラセターを直撃!
ジョン・ラセター監督がハリウッドの殿堂入り
[動画]『アナと雪の女王』予告編
秋元康が、アニメ界のアカデミー賞といわれるアニー賞で音楽賞受賞!

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『CONFLICT〜最大の抗争〜』小沢仁志×堀田茜インタビュー

『CONFLICT〜最大の抗争〜』小沢仁志×堀田茜インタビュー

強面・小沢仁志と人気モデル堀田茜がツーショット!

『神様メール』カトリーヌ・ドヌーヴ インタビュー

『神様メール』カトリーヌ・ドヌーヴ インタビュー

大女優がゴリラとベッドイン!「いい雰囲気」の撮影現場語る

『スノーホワイト/氷の王国』エミリー・ブラント インタビュー

『スノーホワイト/氷の王国』エミリー・ブラント インタビュー

邪悪でパワフル! 雪の女王を演じた演技派スター

『なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上-』里見浩太朗インタビュー

『なぜ生きる-蓮如上人と吉崎炎上-』里見浩太朗インタビュー

アニメ映画初挑戦に「毎作品がデビュー」と笑う大俳優

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>