ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!
(2013年 2月 4日)

板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!

『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』
前列左から高橋栄樹監督、小嶋陽菜、渡辺麻友、高橋みなみ、篠田麻里子、板野友美、北原里英。後列左から加藤玲奈、入山杏奈、横山由依、島崎遥香、川栄李奈、菊地あやか

他の画像はこちらから

『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』
ファンに対し感謝の意を込め、頭を下げる板野友美

他の画像はこちらから

『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』
峯岸みなみの騒… 板野友美 板野友美の卒業…
『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』
渡辺麻友 小嶋陽菜 北原里英
『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』
横山由依 島崎遥香 菊地あやか
『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』 『板野友美の卒業発表、峯岸みなみ報道の謝罪、いろいろあったAKB映画初日を詳細レポ!』
入山杏奈 川栄李奈 加藤玲奈

[ムビコレNEWS]  2月1日に公開初日を迎えたドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』。その初日舞台挨拶直前に、映画のなかでAKB48を卒業することを発表した板野友美が1人でファンの前に姿を現したことは、すでにご報告した。

AKB映画初日舞台挨拶、その写真

この記事では、その後、登壇した高橋みなみ、渡辺麻友、篠田麻里子、小嶋陽菜、北原里英、横山由依、島崎遥香、菊地あやか、入山杏奈、川栄李奈、加藤玲奈、高橋栄樹監督らによる舞台挨拶の全貌を改めてご紹介しよう。

冒頭、AKB48の総監督をつとめる高橋が「ひと言お話させて下さい」と前置きをし、峯岸みなみのお泊まり愛報道について「AKB48チームBの峯岸みなみが今回、ご心配とご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。ついで「峯岸は研究生に降格し、2005年12月8日に戻って一から頑張りたいと思います。Youtubeでの動画配信は、本人から直接ファンの皆様にお詫びのコメントを出したいという要望があったため出させていただきました。みなさんもご覧になったかと思いますが、坊主頭になったのは私たちも正直絶句でした。ですが、本人が気持ちを入れ替えて、もう一度一生懸命AKB48として取り組みたいという姿勢をあの形で表現させていただいたのだと思います。これからもAKB48グループ、気持ちを入れ替えてみんなで頑張っていきたいと思います」と一連の騒動について説明した。

また、板野の卒業について聞かれると、高橋は「とてもびっくりしました。何人かは前もって友(板野)からAKB48を卒業すると聞いていましたが、全員が知ったのは先ほど控え室で、友が『卒業します』と告白してくれてから」と明かし、「ずっと一緒にやってきたので正直寂しいです。でも、去年(前田)敦子が卒業して、今年はともちん(板野)なんだなって思った。彼女が決めた道ですから、最後の決断を下すのは自分自身なので、彼女が前を歩くというならば、その背中をみんなで押してあげたいと思います」と話した。

これに対し板野は「たかみなは総監督としてAKB48全体も支えて、メンバー1人ひとりも支えてすごく大変だと思うんですけど頼りがいのあるリーダーなので、これからもAKBを引っ張ってほしい。安心して任せられるし、最後まで残りわずかだけど、よろしくお願いします」と心を込めて語った。

小嶋も板野の卒業について「初期からずっと一緒にいたメンバーなので、とても寂しいですけど、私も初期からずっといるので卒業を考えることもあって、すごく勇気のいることで、それを今決めたともちんはすごく格好いいと思うので、一緒に頑張って来た仲間として、これからも応援したいと思います」とコメント。

渡辺は「卒業というのは誰もがいつかはすることなので、今回、板野さんが卒業を決めたんですけれど、メンバーみんなで笑顔で背中を押して、これからも板野さんのことを応援していきたいと思いました」と語り、篠田は「何度か本人から、そういう話も出ていたし、遅かれ早かれそういう日が来るなと実感してたし、メンバーもそういう日が来るなって分かっていたと思うんですけど、やっぱり寂しいですね」と感想を述べた。

また、映画の初日を迎えた感想については、板野が「メンバーがたくさん涙を流して悩んだり、頑張ろうって決意したり、そういうのを見て、私も前に歩み出さなきゃって思えた。みなさんもこの映画を通して、少しでも前に歩き出そうという気持ちになってもらえたら」と話し、北原は「たくさんの別れもあったけど、みんながそれぞれ前を向いて歩いているのを見ると自分も負けてられないという気持ちになるので、2013年もAKB48としてしっかり前を向いて歩いていきたい」とコメント。

横山は「この映画にはたくさんの涙が流れていて、嬉し涙だったり、びっくりした驚きの涙だったり。今日、板野さんが卒業を発表しましたが、(それは)今の感情だけで言うと悲しい涙なのかもしれないですけど、それもまた後押しの涙に変わるのかなと思う」と劇中に流れる涙が悲しみから喜びに変わることもあると述べ、選抜総選挙で2位になった渡辺は「グループのことについていろいろ考えるようになった。これからのAKB48がさらに大きくなっていくためには、後輩のメンバーと共に1人ひとりがグループのことをちゃんと考え、みんなで協力して頑張っていきたいと改めて思いました」と語った。

一方、島崎は「所属していたチーム4がなくなったり、じゃんけん大会で優勝したりと、自分にとってステップアップできた1年だった」と振り返り、同じくチーム4所属だった入山は「2012年は自分が所属していたチームが解体されてしまったりといろいろあったんですけど、今までとは違って新しいチームに所属して1期生の先輩方と一緒にチームをやっていけたりすることで、もっと今までとは違う自分になれる1年にしたいと思います」と語った。

川栄も「チーム4が解体されたのは1番大きかったんですけど、チームAになってたくさんの先輩と交流でき、先輩の学ぶべきところを身近で学ばせていただいているので、それを成長に繋げていきたい」とコメント。加藤は「いろんな人が卒業していくにつれ、若い子が頑張らなきゃいけないと最近改めて思ってきたので、これからもどんどん先輩を負かすつもりで頑張っていきたい」と話した。

また、菊地は「この映画を見てより先輩の存在を大きく感じたし、板野さんが卒業を発表したんですけど、安心して任せられるような存在になっていきたいと思います」と決意を口にしていた。

【関連記事】
板野友美が映画を通してAKB48卒業を発表、自らの口でファンに報告
峯岸みなみがGoogle+で改めて謝罪「一回りも二回りも成長出来る様に努力します」
高橋みなみ「たくさんの別れがあった」とAKB48の激動の1年を振り返る
『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』作品紹介

MOVIE Collection