ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『カールじいさんの空飛ぶ家』が公開35日で『ニモ』に次ぐピクサー史上2番目の興収に! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『カールじいさんの空飛ぶ家』がピクサー史上第2位の大ヒット!
(2009年 7月 10日)

『カールじいさんの空飛ぶ家』がピクサー史上第2位の大ヒット!

『『カールじいさんの空飛ぶ家』がピクサー史上第2位の大ヒット!』
「カールじいさんの空飛ぶ家」2009年12月5日より日本公開
(C) DISNEY /PIXAR

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  5月29日に全米3766スクリーンで公開となった『カールじいさんの空飛ぶ家』が、公開35日目で早くも、歴代ピクサー作品の中で『ファインディング・ニモ』(03年)に次ぐ2番目の興収に躍り出たことがわかった。

『ニモ』の興収は3億3971万ドル(約322億円/1ドル=95円で計算)。これまで2番目だったのが『Mr.インクレディブル』の2億6144万ドル(約248億円)で、『カールじいさんの空飛ぶ家』は、これを上回った形だ。7月8日現在の興収は2億6811万ドル(約254億円)で、最新の週末ランキングで6位につけている。今年の年間ランキングでも『トランスフォーマー:リベンジ』に次ぐ第2位と健闘しているだけに、今後、どこまで数字を伸ばせるかにも期待がかかる。

なお、全米でのアニメ映画の興収トップは『シュレック2』(04年)の興収4億4122万ドル(約419億円)で、これは実写映画も含めた歴代4位の成績。アニメの2位が『ニモ』で、3位が『ライオンキング』(94年)、4位が『シュレック3』(07年)。『カールじいさんの空飛ぶ家』は現在、5位につけている。

『カールじいさんの空飛ぶ家』は、亡き妻との思い出が詰まった家に暮らす78歳のカールじいさんが、妻との約束をはたすため、家に無数の風船をつけ、家ごと空高く飛び立ち旅をする感動作。日本では12月5日より全国公開、一部の劇場では3Dでも上映される。

【関連記事】
[動画]『カールじいさんの空飛ぶ家』予告編
『カールじいさんの空飛ぶ家』作品紹介
[ハリウッドの動向]星が輝かない夏──スター・パワーの終焉?
『ボルト』会見で江角マキコが、39歳独身の天野にマジで同情!
[動画]製作総指揮のジョン・ラセターらが出席した『ボルト』 日米合同記者会見

MOVIE Collection