ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

武田鉄矢、山田洋次監督から「喜劇ってのは、泣きながら作るもの」と教えられる | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 武田鉄矢、山田洋次監督から「喜劇ってのは、泣きながら作るもの」と教えられる
(2013年 1月 7日)

武田鉄矢、山田洋次監督から「喜劇ってのは、泣きながら作るもの」と教えられる

『武田鉄矢、山田洋次監督から「喜劇ってのは、泣きながら作るもの」と教えられる』
武田鉄矢(左)と山田洋次監督(右)

他の画像はこちらから

『武田鉄矢、山田洋次監督から「喜劇ってのは、泣きながら作るもの」と教えられる』
武田鉄矢(左)と山田洋次監督(右)

他の画像はこちらから

『武田鉄矢、山田洋次監督から「喜劇ってのは、泣きながら作るもの」と教えられる』
山田洋次監督5…

[ムビコレNEWS]  山田洋次監督50周年記念企画第2弾「山田洋次 名作映画DVDマガジン」の創刊発表記者会見が1月7日に東京ステーションホテルで開かれ、山田監督と武田鉄矢、野間省伸(講談社社長)が登壇した。

監督生活50周年を迎えた山田洋次が「寅さんの少年時代」映画化に意欲!

野間社長は「(第1弾となった)『男はつらいよ 寅さんDVDマガジン』は多くの読者の支持をいただき、昨年11月をもって全50巻が完結しました。今回のシリーズは読者のさらなる期待に応えるべく、山田監督の『男はつらいよ』以外の作品のなかから26作品を厳選し、松竹の協力のもと世に送り出す大型企画です」と挨拶。

山田監督は「男はつらいよ 寅さんDVDマガジン」が予想を超える売れ行きだったことを喜ぶと、「寅さんシリーズが始まってから40年以上になりますが、上映時に映画館で見ていた方と、今DVDで見る方とでは、別のテイストで味わうのだろうと思います。どちらかと言えば、(あの当時の)はじける笑いというよりも、癒されるような感覚ではないか」とコメント。

さらに「いろいろな映画を作ってきたつもりだけど、振り返ってみれば常に“家族”の物語を作ってきた」と自身の監督作に関し感慨深げに語ると、「今回のDVDマガジンが、僕の作品を見たことのない若い人たちに見てもらえる機会につながればと心から願っております」と話した。

一方、「私の演技の歴史は『幸福の黄色いハンカチ』から始まりました」と切り出した武田は、「『幸福の黄色いハンカチ』はスタートラインの白線。この作品から走り始めて、いろいろな役をやりながら、ちょっとオーバーに言うと、1日たりとも『幸福の黄色いハンカチ』を忘れたことはありません。この映画を生み出す撮影のなかに、自分が学んだことのすべてがあるような気がします。この映画はスタートラインであると同時に、ゴールの白線でもあるような気がしてなりません」とコメント。

また、共演の桃井かおりとは、よくケンカをしたそうで「不思議なことに、桃井さんとケンカした次の日が、必ず映画のなかでケンカするシーンだった」と振り返り笑いを誘った。

山田監督との思い出については「下痢をするシーンがあって、今のタレントさんがいうところの“おいしい”ところだった。ここは受けると思って張り切っていたら、監督から『なぜ笑いながらやる? ここは君が泣きながらやると、お客さんが笑うところだ。いいかね武田君、喜劇ってのはね、泣きながら作るものだぜ』と言われた」と明かしていた。

「山田洋次 名作映画DVDマガジン」は1月8日に創刊となる。

【関連記事】
[動画]この記事の動画(「山田洋次 名作映画DVDマガジン」創刊発表記者会見)
葛飾柴又に「山田洋次ミュージアム」がオープン!「寅さん記念館」もリニューアル
山田洋次監督が直木賞受賞作「小さいおうち」で初のラブストーリーに挑戦!
山田監督が文化勲章受章、宮崎監督は文化功労者に。寅さんは冷やかしそうと山田監督

MOVIE Collection