ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> ブラッド・ピット、政府の麻薬撲滅政策を「茶番」と厳しく批判
(2012年 10月 17日)

ブラッド・ピット、政府の麻薬撲滅政策を「茶番」と厳しく批判

『ブラッド・ピット、政府の麻薬撲滅政策を「茶番」と厳しく批判』
ブラッド・ピット

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  まもなく正式に結婚する予定となっているパートナーのアンジェリーナ・ジョリーと6人の子どもたちに囲まれ、ハリウッドきっての良き父親であり、様々な慈善活動にも積極的に取り組んでいるイメージのあるブラッド・ピット。そんな彼がエグゼクティブプロデューサーをつとめたドキュメンタリー作品『The House I Live In(原題)』のプロモーションにおいて、自身がドラッグを使用していた過去や現在のアメリカにおいての現状などを赤裸々に語った。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの結婚式のプランが明らかに!

ドキュメンタリー『なぜアメリカは戦うのか』のユージン・ジャレキが監督した本作は、アメリカ政府が1972年のリチャード・ニクソン大統領の時代から取り組んでいる麻薬撲滅政策を様々な角度から取り上げている。

ブラピ自身の体験については、有名になったばかりの若い頃にうつ状態になり、マリファナを使用していたことを既に認めているが、「僕がドラッグを使っていた日々はずっと以前のことになるけど、確かなこととしては、アメリカのどの都市にいても、どの州にいても、ドラッグが欲しいと思ったらいつでも手に入れられるだろうね。そして、どんなものでも24時間もあれば探すことができると思うよ」と麻薬などのドラッグが簡単に手に入ってしまう現状についても言及。

さらに「麻薬撲滅戦争という名の“茶番”を私たちは今でも続けており、40年以上もの間に1兆ドル(約80兆円)もの予算を使っているんだよ。その間も多くの人たちが命を落としているというのに。この問題について話すことは、完全に勝利するまで永遠のタブーとされているんだよ。信じられないくらいの失敗だというのにね」と話し、政府の対応にも警鐘を鳴らしている。

自分が体験したからこそ、それに苦しむ多くの人々を救い、この現状をなんとかしたいという思いが感じられる。映画を通じて、現状を明らかにすることで少しずつでもこの状況が改善されることを願いたい。(文:Masami Shimura/London)

【関連記事】
英歌手エイミー・ワインハウスが27歳で急死、死因はドラッグの過剰摂取か
ブラピとクルーニー、ロンドンでマブダチ同士のディナータイムを満喫!
ブラピ&アンジーがロンドンに12億円豪邸購入
ブラッド・ピット、自分の名前をググらないよう子どもたちに禁止令!

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『仮面ライダーアマゾンズ』藤田富×武田玲奈インタビュー

『仮面ライダーアマゾンズ』藤田富×武田玲奈インタビュー

期待の若手2人が伝説的異色作『仮面ライダーアマゾン』のリブート作品に出演!

『ブルックリン』シアーシャ・ローナン インタビュー

『ブルックリン』シアーシャ・ローナン インタビュー

若手演技派の筆頭格が、2人の男性の間で揺れ動く思いを語った

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

人間の闇を描いた衝撃作でプロデューサー・主演を兼務

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>