ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> 北野武、お笑い映画で実力が分かる!?/『アウトレイジ ビヨンド』初日舞台挨拶
(2012年 10月 9日)

北野武、お笑い映画で実力が分かる!?/『アウトレイジ ビヨンド』初日舞台挨拶

『北野武、お笑い映画で実力が分かる!?/『アウトレイジ ビヨンド』初日舞台挨拶』
左から加瀬亮、三浦友和、北野武監督、西田敏行、高橋克典、桐谷健太

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  北野武監督のアクションバイオレンス第2弾『アウトレイジ ビヨンド』の初日舞台挨拶が10月6日に新宿バルト9で行われ、北野監督をはじめ、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、高橋克典、桐谷健太が登壇した。

[動画]『アウトレイジ ビヨンド』予告編

「全員悪人」を謳っているだけに、「撮影現場はとても楽しくて、毎回監督と『コノヤロー!』『バカヤロー!』と言い合い、スポーツジムに行っているような爽快感がありました」と撮影を振り返った西田。

同じく悪人役を演じた三浦は「前作で上り詰めたんですが、今回は『上り詰めるんじゃなかったな』と思うくらいヒドい目に遭わされ、非常にツラい思いをしました。ずっとビクビクしながら撮影をしていました」とコメント。加瀬も「最初に台本を読んだときから、監督のアイデアに笑っていいのか怖いのか、本当にすごくてびっくり。ジムで例えるなら、自分では持ち上げられない重さを持ち上げているような感じです」と、大変さを告白していた。

一方、ヒットマン役の高橋は、役作りの準備を聞かれ「準備はしようがなかったので、現場で精一杯やりました」。桐谷は「僕としては悪人というより純粋な気持ちでやらせていただきました」と役作りについて語った。

また、北野監督は「緊迫したなかで笑いが起きた場面もあったが」という質問に「あまり笑わそうとは思っていないんだけど、緊張した場面では必ず笑いが悪魔のように忍び寄ってくる。笑わせようとはしていないけど、結果的に笑いになっちゃうだけで狙ってはいないんだよ。笑いが商売だから、お笑いの映画を撮ると実力が分かっちゃう」と苦笑。「(自身の監督作)『みんな〜やってるか!』は汚点だと世間では言われているけど、俺は一番好きな作品なんだ」とも話していた。

さらに最後の挨拶では「前作は特に女性にはキツいシーンがたくさんあったけれど、今回はストーリー的にもエンターテインメント要素を取り入れました。おかげさまで、今日は女性客がいっぱい来ていただけているようでありがたい。男性はもちろん、女性も楽しめるように作っているので、ぜひお友だちを誘ってまた見に来てください」とアピールしていた。

【関連記事】
[動画]『アウトレイジ ビヨンド』北野武監督オフィシャルインタビュー動画
極悪人たちに学ぶ劇場マナー!『アウトレイジ ビヨンド』特別映像が公開
北野武監督、大物俳優総出演に「当然ギャラも相当かかります」とぼやき節
表面的な優しさにイライラ、ヴェネチア映画祭で北野監督が怒りが創作欲を刺激したと告白

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

6年越しの片思いの末、あっという間に倦怠期の夫婦に!?

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>