ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> NEWS >> R18+の秀作ドラマがトロント映画祭で拍手喝采、タナダユキ監督が舞台挨拶
(2012年 9月 11日)

R18+の秀作ドラマがトロント映画祭で拍手喝采、タナダユキ監督が舞台挨拶

『R18+の秀作ドラマがトロント映画祭で拍手喝采、タナダユキ監督が舞台挨拶』
トロント国際映画祭に出席したタナダユキ監督

他の画像はこちらから

『R18+の秀作ドラマがトロント映画祭で拍手喝采、タナダユキ監督が舞台挨拶』
『ふがいない僕は空を見た』ポスター
(C) 2012「ふがいない僕は空を見た」製作委員会

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  第37回トロント国際映画祭のコンテンポラリー・ワールド・シネマ部門に出品されていたタナダユキ監督の『ふがいない僕は空を見た』が、9月9日に同映画祭で上映され、タナダ監督が舞台挨拶を行った。

『ふがいない僕は空を見た』予告編

600名収容の会場は満席で、上映後は大きな拍手が沸き起こった。そんななか質疑応答に応じたタナダ監督は、窪美澄の同名小説を映画化した理由を聞かれ、「この小説が大好きでした。1つの町にいろいろな人が暮らしている。隣の人は果たして幸せなのか。いや、そうではないかもしれない──それでも、異なる人々が共存し社会を作り上げているというところが大変魅力的でした」と答えた。

大いに盛り上がった質疑応答だが残念ながら時間切れに。その後、タナダ監督はロビーでも観客たちからサインや写真撮影をリクエストされ、笑顔で応じていた。

同作は永山絢斗扮する高校生と、田畑智子扮するアニメ好きの主婦との関係を描いた“18禁”の人間ドラマで、コスプレ姿の濃厚なベッドシーンなどでも話題を集めている。公開は11月17日よりテアトル新宿ほかにて。

トロント国際映画祭は9月6日〜16日まで、カナダ最大の都市トロントで開催中。

【関連記事】
タナダユキ監督、永山絢斗・田畑智子の共演作がトロント国際映画祭に出品
西川美和監督の『夢売るふたり』がトロント映画祭に正式出品。海外の反応知りたい!
園子温監督が原発をテーマにした新作『希望の国』がトロント国際映画祭に正式出品!
『ふがいない僕は空を見た』作品紹介

MOVIE Collection

【最新エンターテイメントニュース】

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

人間の闇を描いた衝撃作でプロデューサー・主演を兼務

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>