ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

子離れはできても孫離れはできない梅宮辰夫、「孫のために生きている」と爺バカぶり発揮 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 子離れはできても孫離れはできない梅宮辰夫、「孫のために生きている」と爺バカぶり発揮
(2012年 7月 24日)

子離れはできても孫離れはできない梅宮辰夫、「孫のために生きている」と爺バカぶり発揮

『子離れはできても孫離れはできない梅宮辰夫、「孫のために生きている」と爺バカぶり発揮』
アフレコ中の梅宮辰夫

他の画像はこちらから

『子離れはできても孫離れはできない梅宮辰夫、「孫のために生きている」と爺バカぶり発揮』
『デンジャラス・ラン』
(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  オスカー俳優デンゼル・ワシントンが悪役を演じた『デンジャラス・ラン』のCMナレーションを梅宮辰夫がつとめることとなり、7月24日にアバコスタジオで公開収録が行われた。

[動画]梅宮辰夫、孫・百々果のフラダンスに「才能ある」と目を細める

かつては悪役キャラで名を売った梅宮だが、近年はすっかり子煩悩で優しいイメージが定着。だがこの日はかつてのスゴみを復活させ、ドスの利いた声を披露していた。その感想を聞かれた梅宮は「昔は映画で悪い役もやっていたので郷愁を感じました。またこういう悪い役も演じてみたい」と意欲的。「デンゼル・ワシントンが演じた役とは比べものにならないくらいの小悪党ですが、昔はヒモ役など女性を食い物にする役を多く演じていました」と遠い目をしていた。

また、映画にちなみ実際にデンジャラスな体験をしたことがあるかという質問には「役者が地方に行ったときに、キャバレーなんかの舞台に出て歌ったりするアルバイトがあったのですが、出演時に土地の人に挨拶するしきたりを知らなくて、連れ出されてお説教を食らいました。先輩も絞られたことがある人だったので。その時は青くなりました」と思い出のエピソードを語ってくれた。

その後、3ヵ条のデンジャラス宣言をした梅宮。「役者として悪の魅力を伝える」には「望むところです」とすぐに同意し、次の「料理が上手いだけの自分は卒業します」には渋々同意。だが、最後の「娘や孫となれ合わない」には「子離れはしたい、望むところです」と同意する一方、「孫離れはできません」とキッパリ。その後の囲み取材でも「僕は今、孫のために生きているようなもんだから」と目を細め、デンジャラスとはほど遠い良きおじいちゃんぶりを発揮していた。

『デンジャラス・ラン』は9月7日よりTOHOシネマズ 有楽座ほかにて全国公開される。

【関連記事】
[動画]『デンジャラス・ラン』特別動画
梅宮辰夫は『デキちゃった婚』の先駆け! 孫・百々果のフラダンスには目を細める
モントリオール映画祭に出席の樹木希林、孫で13歳の内田雅楽が通訳を担当!
『デンジャラス・ラン』作品紹介

MOVIE Collection