ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲
(2012年 4月 10日)

松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲

『松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲』
松田聖子ニューシングル「涙のしずく」通常盤

他の画像はこちらから

『松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲』
松田聖子

他の画像はこちらから

『松田聖子が親子の絆を描いた『わが母の記』イメージソングを作詞・作曲』
松田聖子ニュー…

[ムビコレNEWS]  松田聖子が作詞・作曲を手がけた新曲「涙のしずく」が、4月28日に公開となる映画『わが母の記』のイメージソングに決まったことが明らかとなった。

『わが母の記』がモントリオール映画祭特別グランプリ受賞

『わが母の記』は昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、役所広司、樹木希林、宮崎あおいら豪華キャスト共演で描いた感動作。幼少期に家族と離ればなれにされたことから、母に捨てられたという思いを抱いてきた主人公の小説家(役所)が、年老いてボケていく母(樹木)と向き合うなか、母の真の思いを知っていく姿を綴っている。

松田は親子の絆を描いたこの作品を見たそうで、「あまりの素晴らしさに感動し胸がいっぱいになり、しばらく椅子から立ち上がることさえできないくらいでした。その後、夢中になって曲と詞を書きました。人を想う気持ちは、時間を超えて相手に届くものだと確信し、人と人は愛で強く結ばれているのだと改めて感じさせられました。その感じたままの気持ちを、私なりに『涙のしずく』に込めました。映画を見させていただいた後、心が洗われ、とても良い気持ちになりました。そして、もっともっと家族や周りの人たちを大切にしたいと思いました。本当に素晴らしい映画をありがとうございました」とのコメントを発表。

一方、完成した曲を聞いた本作のプロデューサー石塚慶生は「聖子さん自身の手により、情感を込めて作っていただいた楽曲を聞いて、美しく清らかでありながらも、すごみすら感じる『母の愛』を感じました。映画は過去の傷を抱え、疎遠だった親子が認知症をきっかけに、次第に本物の家族になっていく物語です。ある家族のささやかな物語ですが、この曲によって、さらにスケールアップした世界観が重ねられるのではないでしょうか」と語っている。

松田はこれまでにアルバムでも、全曲作詞・作曲・オールセルフプロデュースの作品を発表しており、シングルでは「いくつの夜明けを数えたら」(2010年5月5日発売)以来、今回の曲が2年ぶりのセルフプロデュースとなる。

「涙のしずく」は5月2日に初回限定版DVD付き1575円、通常盤1260円(共に税込)で発売となる。

【関連記事】
[動画]松田聖子の「涙のしずく」がイメージソングの『わが母の記』TVスポット
宮崎あおい「色気を感じる」と役所広司を絶賛するも、樹木希林は「全然」とバッサリ/『わが母の記』舞台挨拶
[動画]役所広司、樹木希林、宮崎あおいほか/『わが母の記』完成披露舞台挨拶
『わが母の記』作品紹介

MOVIE Collection