ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音
(2011年 5月 10日)

松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音

『松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音』
左から松本人志監督、板尾創路、熊田聖亜

他の画像はこちらから

『松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音』
松本人志監督

他の画像はこちらから

『松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音』 『松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音』 『松本人志監督作で主演に大抜擢された素人俳優に、共演子役も「不安だった」と本音』
板尾創路 熊田聖亜 左から熊田聖亜…

[ムビコレNEWS]  松本人志の監督第3弾『さや侍』の完成披露試写会が、5月7日に大阪ステーションシティシネマで行われ、松本監督とキャストの板尾創路、子役の熊田聖亜が登場した。

松本人志、今度は時代劇の監督に初挑戦!

松本監督が初めて時代劇に挑んだ本作は、戦うことを拒み刀と住む場所を捨て脱藩の罪に問われた侍と、彼に反発する娘の葛藤を描いた作品で、板尾は囚われた主人公を見張る門番を、熊田は主人公の娘を演じている。

試写会前のマスコミ向け取材で、時代劇に挑戦した感想を聞かれた松本監督は「朝も早く、殺人的なスケジュールで、できることなら二度とやりたくないという気持ち」と本音を明かし、「今すぐ撮りたい!というときも、ヅラ直しなどで時間がかかったり」と理由を説明。板尾も「ヅラは大変でしたね。江戸時代の人はなんであんな髪型にしたんかな」とうなずいていた。

一昨年、子どもが生まれ父となった松本監督。そのことが映画作りにも影響したのかという質問には、熊田扮する“たえ”に触れ「僕のなかの理想の娘ではある」と明かした。

続いて試写会で舞台挨拶を行った3人。主演に大抜擢された野見隆明は、松本監督が司会をつとめたバラエティ番組『働くおっさん劇場』で見いだされたずぶの素人。野見を抜擢した理由について松本監督は「まずはギャラがなしですむというのがありまして(笑)。完全な素人さんなので、うまくいかなかったとき、あいつのせいだと言うことができますし」と告白。また「せっかくなので、誰もやっていないことをやってみたかった」とも。

そんな野見と共演した感想について9歳の熊田は「一番最初にお芝居したのがカメラテストのときで、そのときにすごく絡みづらくて」と苦笑い。「撮影がどうなるか、実はちょっと不安になっていた」と明かしていた。

この日は途中から、サプライズゲストとして野見も登場! 野見は緊張のあまり声を上ずらせ、松本監督から「焦りすぎやって!」と厳しく突っ込まれ、客席を爆笑させていた。さらに初主演の感想を聞かれた野見は「一番大変だったのはふすま割り。なかなか割れなくて本当に苦労しました。でも、頑張って頑張って、どんどん割っていきました」と回答。松本は「この人、言われたことは本当にマジメにやるんですよ。膝をすりむきながら一生懸命やっている姿を見て、ほんの一瞬格好良く見えました」と褒めていた。

『さや侍』は6月11日より全国公開される。また、6月6日に東京国際フォーラムでプレミア上映会も開催される(プレミア上映会の詳細は公式サイト<http://www.sayazamurai.com/>まで)。

【関連記事】
小栗旬に出てほしかった!? 松本人志が独身最後の映画で舞台挨拶!
ギャラはたいしたことなかったけど頑張った、板尾創路が特撮ヒーローもので大奮闘!
板尾創路監督が自作の完成披露舞台挨拶で、新成人に恋愛指南
『さや侍』作品紹介
[動画]『さや侍』予告編
ニュース、動画、作品紹介、映画情報ならムビコレ!

MOVIE Collection