ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【映画作りの舞台裏】BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」
(2019年 12月 27日)

【映画作りの舞台裏】BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」

『BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」』
『囀る鳥は羽ばたかないThe clouds gather』
2020年2月15日より公開
(C)ヨネダコウ・大洋図書/「囀る鳥は羽ばたかない」製作委員会

他の画像はこちらから

『BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」』
『囀る鳥は羽ばたかないThe clouds gather』

他の画像はこちらから

『BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」』 『BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」』 『BL特化のアニメレーベルBLUE LYNXプロデューサー「BLは未開拓のブルーオーシャン」』
『囀る鳥は羽ば… コミック「囀る… コミック「囀る…

[ムビコレNEWS] 
…前編「『囀る鳥〜』劇場版を仕掛けた“BLファン”が語る、コアな熱量」より続く

【映画作りの舞台裏】BLUE LYNX プロデューサーに聞く/中編

岡安氏は“劇場版”であることにもこだわった。それはズバリ、テレビよりも自由な表現ができるからだ。BLには性描写を含めた作品が少なくない。そして、切っても切り離せない心と体を深く描いた作品も多い。そんなBLにとって重要な性描写を、テレビでは十分に表現できないことが多い。だが、映画では描くことができるのだ。テレビだからと原作を変えてマイルドにすることはしたくないという岡安氏は、映画ならではの表現の広さに期待している。

『囀る鳥は羽ばたかない』その他の画像はこちら

さらに、性描写と切り離せないがゆえに「BLは映像化において未開拓のブルーオーシャンでいつづけられたのだろう」と岡安氏は分析する。「BLは性描写が映像化においては高いハードルとなり、映像化を断念したり避けたりしてあまり手が付いていなかったジャンルだと思います。逆に性描写を描くことにチャレンジすれば、まだ映像化されていない良質な作品を扱うチャンスがたくさんあります。表現の自由度の高い映画なので思いきり描きたいですね。BLをアニメ化することは新しいことではないですが、性描写も含めて原作ときっちり向き合うことで他と差別化をしていきたいです」という発言はBLファンにとってなんとも頼もしい言葉だ。

そんな岡安氏がBLUE LINXの第1弾として選んだのは、人気の高いヨネダコウ原作の「囀る鳥は羽ばたかない」だ。闇社会を舞台に、依存症のように男と交わる若頭の矢代と、彼の元にやって来た愚直な男・百目鬼(どうめき)が、不器用に惹かれ合いながら運命に翻弄される姿を描いている。自己矛盾を抱えた矢代の複雑なキャラクター、闇社会の人間関係とドラマ、百目鬼とのピュア過ぎる程の愛などいくつもの要素が絡み合った作品の魅力はとうてい一言では語れない。BLファンに愛される作品で、連載中であり単行本は6巻まで発売中、劇場版アニメは『囀る鳥は羽ばたかないThe clouds gather』のタイトルで第1章として2020年2月15日に公開予定だ。

このほかにも第1弾作品として候補はあったが、岡安氏が第一希望として考えていたのが「囀る鳥は羽ばたかない」だった。何より岡安氏が大好きな作品であり、人気も非常に高い。そして、被虐的で自己矛盾を抱えた矢代の複雑で魅力的なキャラクターを描くにあたって、性描写をどこまで描けるかはポイントとなってくる。まさに映画だからこそチャレンジできる表現で、他作品と差別化をできる原作であると感じたという。「作品として必要であればR18+も辞さないつもりで、そこは日和らずにいこう!とスタッフと話しています!」と意気込む。

制作会社は人気BLコミックをアニメ化した『ヤリチン☆ビッチ部』を手がけたGRIZZLYに打診をしたところ、GRIZZLY内でも『囀る〜』が映像化候補作品として上がっていたそうだ。さらに原作者のヨネダコウ氏にオファーすると、制作会社がGRIZZLYならと快諾を得られ、引き寄せられるようにスムーズに話が運んだ。(後編へ続く…)

後編「BLUE LYNX プロデューサーが語る決意」へ続く…



MOVIE Collection