ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

89歳の巨匠クリント・イーストウッドが放つ新作の公開日と予告編が解禁! | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 89歳の巨匠クリント・イーストウッドが放つ新作の公開日と予告編が解禁!
(2019年 11月 7日)

89歳の巨匠クリント・イーストウッドが放つ新作の公開日と予告編が解禁!

『89歳の巨匠クリント・イーストウッドが放つ新作の公開日と予告編が解禁!』
『リチャード・ジュエル』メイキング写真
(C)2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  御年89歳の巨匠クリント・イーストウッド監督が、またまた新作を放つ! それが、1996年のアトランタ・オリンピック爆破テロ事件の容疑者と、真実を追う弁護士の姿を描いた実話に基づく『リチャード・ジュエル』で、この映画の公開日が2020年1月17日に決まったことと、日本版予告編が解禁された。

[動画]解禁となったクリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』日本版予告編

イーストウッドといえば、これまでも『アメリカン・スナイパー』(14年)、『ハドソン川の奇跡』(16年)、『15時17分、パリ行き』(18年)、『運び屋』(18年)と、実話を基にした“衝撃の真実”を数多く手がけてきた監督だ。そんなイーストウッドの40本目となる監督最新作が、この『リチャード・ジュエル』だ。

1996年、アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることからジュエルは、FBIに疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)は、この捜査に異を唱えるが……。

解禁となった予告編は、1996年アトランタ爆破テロ事件に基づく実話であることを示すテロップと共に幕開け。これにかぶるかのように、パニックに陥った五輪会場の公園で「爆弾だ!早く逃げろ!」と人々を避難させるジュエルの姿や警察による爆破物の検証シーンが連射されていく。

続いて「彼が爆破犯だと?」というFBIと思われる声に、爆弾を発見した警備員のジュエルに疑いの目が向けられたことが示唆され、やがて、米国中から疑惑の目で見られるようになる。そうした中、彼の無実を信じるたった1人の弁護士ワトソンは「彼は潔白だ。警備を全うした」と述べ、ジュエルに対しては「容疑が晴れるまで黙秘だ。弁護士の俺が話す」とアドバイスする。

一方、声紋判定のためにボイスサンプルが欲しいFBIは、ジュエルに「公園に爆弾がある、爆発まで30分」と言えと強要。ワトソン弁護士は「彼を陥れようとしているのは、政府とマスコミです」と会見を開き釘を刺すが、「事件を起こす動機は、ヒーロー願望と警察への憧れ」だとする女性記者キャシー・スクラッグス(オリビア・ワイルド)によって、「悪人か聖人か」という記事がスクープされてしまう。「このままでは犯人にされるぞ」とジュエルに忠告するワトソン。

東京オリンピック開催を来夏に控えた日本にとっても、他人事ではないこの爆破テロ事件。はたしてリチャード・ジュエルは悪人なのか? それとも聖人なのか?






MOVIE Collection