ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上
(2019年 10月 11日)

いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上

『いつのまにか『ジョーカー』製作者から名が消えていたスコセッシ監督、ネガティブ発言で炎上』
マーティン・スコセッシ監督

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  公開と同時に世界的な大ヒット作となった『ジョーカー』。実は企画の初期段階ではマーティン・スコセッシ監督がプロデューサーに名を連ねていた。トッド・フィリップス監督が起用された2017年のことだが、いつの間にかスコセッシの名前はリストから消えていたという。一時は自身が監督も務めることを希望していたという説もあるが、製作のワーナー・ブラザースはコメントを拒否。スコセッシ監督側は、プロデュースのみで監督する意図はなかったとコメントしている。

『ジョーカー』が日米共に大ヒット。ヒットを後押しした4つの要因とは?

ホアキン・フェニックスがコメディアンを目指す孤独な主人公を演じた『ジョーカー』は『タクシードライバー』『キング・オブ・コメディ』というスコセッシの監督作へのオマージュを感じさせる作風が話題になっている。

スコセッシといえば、最新作『アイリッシュマン』のプロモーションで受けたインタビューでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)について「映画じゃない」とコメント、炎上騒ぎになった。

イギリスの映画雑誌「Empire」誌のインタビューで「見ていないんんだ。見ようとはしたんだけどね。あれは映画ではない」と語ったスコセッシ。「正直なところ、出来はいい作品だし、俳優たちもあの状況下で最善を尽くしているのはわかるが、私の頭に浮かぶもので一番近いのはテーマパークだ。人間が感情的、心理的な体験を別の人間に伝える“映画”ではない」と言い切った。

これにはMCU作品でメガホンを取った監督たちも反応。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督は「マーティン・スコセッシは存命中の映画監督で僕が大好きな5人の1人だ。僕は『最後の誘惑』が(公開時に)作品を見てもいない人に批判された時に激怒した。今、彼が僕の映画について同じような決めつけをしていることを悲しく思う」とツイート。それでも「これからもずっとスコセッシが好きだし、彼の映画への貢献に感謝している。『アイリッシュマン』を見るのを楽しみにしている」と綴った。『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督は「人間が感情的、心理的な体験を別の人間に伝える“映画”ではない」というスコセッシの言葉を引用し、「最初に頭に浮かんだのはジェームズ・ガンのこと。彼がどれだけハートと魂を『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に込めたかということだ。マーティンのことは心から尊敬し、彼の言いたいこともわかる。でも……」とツイート、「『俺はいつも怒っているんだ』というのには理由があってだな」とハルクをネタにユーモアを交えて収めた。

一方、MCUでアイアンマン/トニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jr.は人気ラジオ番組「Howard Stern Show」に出演し、「だって映画館で上映されているからね」と言いつつ、「(スコセッシの)意見はありがたく受けとめる。いろいろな見方が必要だし、そのおかげで前進もできる」と語った。そのうえで一時期、次回のアカデミー賞で『アベンジャーズ エンドゲーム』でノミネートされるためのキャンペーンの話が持ち上がっていたことを明かし、「でも僕は『やめよう』と言ったんだ」と賞レースに関わらない意志を明らかにした。



MOVIE Collection