ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」
(2019年 10月 7日)

松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」

『松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」』
映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶の様子。

他の画像はこちらから

『松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」』
映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶の様子。左から山中崇、濱田岳、松重豊、北川景子、伊東四朗、細川徹監督。

他の画像はこちらから

『松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」』 『松重豊、映画初主演に喜びいっぱい 台本は「棺桶に入れてもらおうかな」』
映画『ヒキタさ… 映画『ヒキタさ…

[ムビコレNEWS]  俳優の松重豊が10月5日、新宿ピカデリーで開催された主演映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』の公開記念舞台挨拶に、北川景子や濱田岳、山中崇、伊東四朗、細川徹監督とともに登壇。台本を「棺桶に入れてもらおうかな」などと述べて、映画初主演の喜びを表現した。

映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』公開記念舞台挨拶、その他の写真

本作は、作家・ヒキタクニオ氏の同名エッセイを原作とする妊活物語。「精子の8割は動いていない」と医師に宣告された49歳の作家・ヒキタクニオ(松重)と、歳が一回り以上離れた妻・サチ(北川)が、子どもを授かるべく奮闘する様を描く。

意外にも、松重は本作が映画初主演。「今まで百何十本という作品に携わってきましたが、台本は転売などされないためにクランクアップの日に破り捨てていたんです。でも、この作品の台本は宣伝などもあり、ずっとカバンの中にありました。今日終わったら破り捨てるつもりだったのですが、だんだん愛着がわいてきて。 僕の棺桶に入れてもらおうかなと思っています」と笑顔を見せた。

北川は本作を「不妊治療がテーマではあるのですが、例えばご結婚されていない方や不妊治療の経験がない方など色々な方に楽しんでいただける作品」と評価。老若男女様々な観客が詰めかけた客席を前に「幅広い層の方に見ていただきたいなと思っていたら、今日は男性も女性も、若い方もお子さんもいらっしゃって。たくさんの方にこの映画が届いたんだとうれしい限りです」と語った。

本作の中でターニングポイントとなるサチの「ヒキタさんの子どもに会いたい」の一言にかけて、“忘れられない一言”について問われると、松重は撮影時に北川さんから言われた「そんなに年離れてましたっけ?」という一言をチョイス。「この作品が始まる前に、北川さんと夫婦役に見えるか悩んでいた時に言われて。その一言に乗せられて今日まで来ました」と話した。

北川は、19歳の時に森田芳光監督から言われた「女優を辞めないでくださいね」という一言を挙げ、「当時は若いし、やる気もあるし『辞めないよ?』という感じだったのですが、壁にぶつかった時に立ち返る言葉になっていきました」と明かした。

本作は、11月7日から開催される第39回ハワイ国際映画祭のスポットライト・オン・ジャパン部門への招待も決定。松重は「ハワイには行ったことないんですよ。『ハワイ!やった!』と思ってマネージャーに確認したら、『いや行きません』と言われて…」と肩を落としながらも、北川とともに「ハワイの方にも楽しんでいただけたら」と述べた。

イベント終盤には、松重が「興行成績とか動員とか意識せずに来たのですが…昔、三谷幸喜さんと一緒に芝居をやっていまして、今ほど『記憶にございません!』のあの男が目の上のたんこぶだったことはない!なんとか三谷幸喜をここでぶっつぶしてやりたい!」と因縁を語り、場内を爆笑の渦に巻き込んだ。






MOVIE Collection