ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

打倒Netflix!? 大物2人が動画配信業界に殴り込み | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 打倒Netflix!? 大物2人が動画配信業界に殴り込み
(2019年 7月 3日)

打倒Netflix!? 大物2人が動画配信業界に殴り込み

『打倒Netflix!? 大物2人が動画配信業界に殴り込み』
動画配信に新規参入するのは、J・J・エイブラムス協力のワーナー・メディアと、ジェフリー・カッツェンバーグが立ち上げたQuibi

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  Netflixに対抗するのはディズニー、アップルだけじゃない!
新規参入の注目株とは?

動画配信の巨人ネットフリックスに対抗すべく、秋から参入する予定のウォルト・ディズニーとアップル。両社の動きに業界の注目が集まるが、新規参入する企業は他にもある。注目株を2社解説する。

ネットフリックス発の『ローマ』が映画業界に与えた激震!

1社はワーナー・メディア。米通信大手AT&Tによって昨年買収されたタイム・ワーナーの新社名だ。同社では動画配信サービス向けの新作企画を数多く進めている。『トウキョウ・バイス(原題)』は読売新聞の記者だったアメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインによるノンフィクション『トウキョウ・バイス:アメリカ人記者の警察回り体験記』を10話構成でドラマ化。

主人公が全国紙初の外国人記者として東京の裏社会を駆け巡り、様々な闇の真相を追い続ける。主演は『ベイビー・ドライバー』のアンセル・エルゴートだ。

SF小説『デューン 砂の惑星』の新作映画を撮影中のドゥニ・ビルヌーブ監督が、スピンオフとなるドラマ『デューン:シスターフッド(原題)』も準備中だ。パイロット版のメガホンをとるほか制作総指揮を務める。さらにワーナーでは『グレムリン』のアニメシリーズも準備している。

またJ・J・エイブラムス率いる製作会社バッド・ロボットと5億ドルの大型契約を結び、映画、テレビシリーズ、動画配信向けコンテンツと幅広く企画製作を行っていくと伝えられている。ちなみにバッド・ロボットは、映画はパラマウント・ピクチャーズ、テレビドラマはワーナー・ブラザース・テレビジョンとファーストルック契約を結んでいるが、どちらの契約も20年に満了を迎えるため、昨年から新たなパートナーを探していた。

もう1社はQuibi。ドリームワークス・アニメーションを率いたジェフリー・カッツェンバーグが立ち上げた新企業だ。Quibiは「quick bites(ひと口サイズ)」の略語で、スマートフォン向けに7〜10分の短い動画コンテンツを提供する。20年4月のスタートに向け、カッツェンバーグが人脈を生かし、ウォルト・ディズニー、バイアコム、NBCユニバーサル、ソニーなどから10億ドルを調達している。スティーブン・スピルバーグ、サム・ライミ、スティーブン・ソダーバーグ、ギレルモ・デル・トロ、ダグ・リーマンといった人気監督が作品提供を行う予定だ。(文:相良智弘/フリーライター)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。



MOVIE Collection