ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『何食べ』はポスト『おっさんずラブ』となるのか!? | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【元ネタ比較】『何食べ』はポスト『おっさんずラブ』となるのか!?
(2019年 4月 12日)

【元ネタ比較】『何食べ』はポスト『おっさんずラブ』となるのか!?

『『何食べ』はポスト『おっさんずラブ』となるのか!?』
『きのう何食べた?』公式サイトより

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS] 
(…中編「ファン悶絶! 西島秀俊の口から“タチネコ”というパワーワードが」より続く)

【元ネタ比較】『きのう何食べた?』後編
気になるラブシーンは…

よしながふみ原作によるゲイカップルの日常を毎回料理シーンを盛り込んで描いた人気コミック、「きのう何食べた?」がドラマシリーズ化されて放送中だ。原作に忠実でありながらちょっとだけアレンジを加えていて、それがいい方向に作用している。

オープニングではケンジがスマホで動画を撮っているのを模した映像で、これから2人のプライベートを覗き見するようなドラマが見せられるんだとワクワクさせられる。

ラストでは、原作よりもずっとサイズが小さくなったラブソファーでハーゲンダッツを食べる2人の姿が。原作にはないシーンだが、肘掛もある小さめソファーにギュッと2人で詰まって並んでる姿のかわいいこと! 仲良くアイスを食べながらの取るに足らない会話はアドリブのような雰囲気で、リアリティある“イチャつく2人”に見ている方も思わず頰が緩んでしまう。

もう、オジサンたちがかわいくて仕方ない!『おっさんずラブ』のヒットしかり、時代が求めているのは“かわいいオジサン”なんだろうか⁉『きのう何食べた?』が大ヒットしてポスト『おっさんずラブ』となる日も近いかもしれない。

最後に特筆しておきたいのは、気になる人は気になっているであろう2人のラブシーンについて。インタビュー記事で内野聖陽も「ベッドではどうなのかな?という話を西島さんとよくします」と言っていて、「よしなが先生は描いていないので」と言っている。

確かに本編では描いていない。だが、実は描いているのだ。それは原作者のよしながふみが出している同人誌の「ケンジとシロさん」で。

同人誌というと、二次創作を思い浮かべる人も多いと思う。二次創作が何かと言うと、例えば「ハイキュー!!」のキャラクターを使って原作者とは違う作家がBLエピソードを描いた作品などがそうだ。

しかし、BLでは出版社から出した商業コミックスとは別に、後日談などの番外編を作家自身が自費出版で同人誌を出す場合が多い。商業コミックスの本編で紆余曲折の末にやっと結ばれた2人の甘いイチャラブが読めるとあって、多少値段が割り高でもファンはこぞって買い求めるのだ。

「何食べ」の場合は商業本編は青年誌連載の料理漫画だからしてラブシーンは控えられているのだが、原作者よしながふみによる同人誌「ケンジとシロさん」の方ではラブシーンも含んだ番外編が描かれているというわけだ。

今のところ3冊出ているが、なかでも筆者がオススメしたいのは1冊目。シロさんと昔の彼氏が描かれていて、シロさんはドMなだけにこの元カレが呆れるほどクズ。傍若無人な振る舞いをしてシロさんにとって大事な時間である料理中でも勝手に盛って押し倒す始末。

そんなシロさんにとっての嫌な思い出を、今度は今カレのケンジが物の見事に上書きしていく。普段から優しいケンジはベッドの上でも思いやりがあって愛に溢れてる。ケンジのことだからヘタレて情けなく色気はないのだけど、そこがかわいいケンジの魅力でもある。

シロさんもちょっと好みのタイプとは違うと思っていても、ケンジの良さには気づいているようで、あぁこれが夫婦(夫夫)っていうものだよなぁと思わせる。同人誌ではエロだけじゃなく、2人の愛と絆が日常の中で描かれていてジーンと感動させられてしまうのだ。

気になる人は機会があればぜひ読んで見てほしい。おそらく今後描かれることはないであろう、ドラマ版のラブシーンを妄想したい人にも役立つかもしれない。

なお、民放の公式テレビポータルTVer(ティーバー/https://tver.jp/drama)でも視聴できるので、まだという方はぜひご覧ください!(文:矢野絢子/ライター)



MOVIE Collection