ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

2作品が拮抗! 興行成績で占う、アカデミー賞最有力作品はどれ? | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 【興行トレンド】2作品が拮抗! 興行成績で占う、アカデミー賞最有力作品はどれ?
(2018年 2月 23日)

【興行トレンド】2作品が拮抗! 興行成績で占う、アカデミー賞最有力作品はどれ?

『2作品が拮抗! 興行成績で占う、アカデミー賞最有力作品はどれ?』
『シェイプ・オブ・ウォーター』
3月1日より公開
(C)2017 Twentieth Century Fox

他の画像はこちらから

『2作品が拮抗! 興行成績で占う、アカデミー賞最有力作品はどれ?』
『スリー・ビルボード』
公開中
(C)2017 Twentieth Century Fox

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  3月4日(日本時間5日)に迫ったアカデミー賞授賞式。既に発表されている批評家や映画関係者が選ぶ映画賞を見ると、最多13部門で候補となった『シェイプ・オブ・ウォーター』がリードする賞レースで、『スリー・ビルボード』が追う展開となっている。外国人記者約100人が選ぶゴ−ルデングローブ賞の監督賞は『シェイプ・オブ・ウォーター』、全米監督組合賞と全米製作者組合賞も『シェイプ・オブ・ウォーター』が受賞。一方、ゴ−ルデングローブ賞のドラマ部門の作品賞と全米俳優組合賞のキャスト賞(作品賞に該当)はは『スリー・ビルボード』で、英国アカデミー賞でも『スリー・ビルボード』が作品賞と監督賞を受賞している。

アカデミー賞ノミネートに見る、「勝ち組」映画会社と「負け組」映画会社

一方、興行成績から賞レースを占ってみる。過去5年間の作品賞受賞作の興行収入(ノミネート前+ノミネート後+受賞後=総興収)は以下の通り。

●『アルゴ』(2013年)1億1030万+1930万+640万=1億3600万ドル

『それでも夜は明ける』(2014年)3900万+1130万+630万=5660万ドル

●『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2015年)
2660万+1120万+460万=4240万ドル

●『スポットライト 世紀のスクープ』(2016年)2890万+1030万+590万=4510万ドル

●『ムーンライト』(2017年)1590万+640万+560万=2790万ドル

●『ムーンライト』を除く4作は総興収が4000万ドルを超えている。特にノミネート後に1000万ドル以上興収を伸ばしているのが特徴だ。アカデミー会員も観客の一人であり、観客と同じような作品に関心を持ち、共感する側面もある。ノミネート後に観客の注目を集めた作品が受賞しやすい傾向がありそうだ。

今年の作品賞候補作の興収は以下の通り(ノミネート前+ノミネート後=2月19日時点の興収)。

◎『ダンケルク』1億8800万+0=1億8800万ドル

◎『ゲット・アウト』1億7570万+40万=1億7610万

◎『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』4580万+3130万=7710万

◎『シェイプ・オブ・ウォーター』3040万+2320万=5360万

◎『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』4110万+1230万=5340万

◎『スリー・ビルボード』3230万+1610万=4840万

◎『レディ・バード』3920万+730万=4650万

◎『ファントム・スレッド』640万+1150万=1790万

◎『君の名前で僕を呼んで』940万+560万=1500万

ノミネート後に最も興収を伸ばしたのが『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』だが、次ぐ『シェイプ・オブ・ウォーター』が2320万ドル伸ばし、総興収は5360万ドルに達している。興行成績で占っても『シェイプ・オブ・ウォーター』が有力のようだ。(文:相良智弘/フリーライター)

相良智弘(さがら・ともひろ)
日経BP社、カルチュア・コンビニエンス・クラブを経て、1997年の創刊時より「日経エンタテインメント!」の映画担当に。2010年からフリー。









MOVIE Collection