ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『スパイダーマン:ホームカミング』興収4.5億円で日本でも首位デビュー | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『スパイダーマン:ホームカミング』興収4.5億円で日本でも首位デビュー
(2017年 8月 14日)

『スパイダーマン:ホームカミング』興収4.5億円で日本でも首位デビュー

『『スパイダーマン:ホームカミング』興収4.5億円で日本でも首位デビュー』
『スパイダーマン:ホームカミング』日本でも1位デビュー!
(C) Marvel Studios 2017. (C) 2017 CTMG. All Rights Reserved.

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  期待の新鋭トム・ホランドが主人公のスパイダーマンことピーター・パーカー役を演じたスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が8月11日に公開初日を迎え、週末土日2日間(8月12日、13日)で観客動員28万9898人、興収4億4841万600円を記録し、動員数では『怪盗グルーのミニオン大脱走』に負けたものの、興収では初登場No.1となったことがわかった。

『スパイダーマン:ホームカミング』興収約130億円で全米初登場No.1

公開初日の8月11日も含めた3日間では、動員50万6929人、興収7億7532万5400円を記録。日本でのNo.1オープニング達成により、本作は世界54ヵ国でNo.1オープニングを達成したことになり、全世界累計興収も今週末で7億ドル(約770億円、1ドル110円換算)を突破するメガヒットとなっている。

3連休となった公開週末には、若い中高生の姿からカップルや大人まで、男女問わず幅広い年齢層の観客が劇場を訪れた。本作の初日から3日間の興収は、2014年に公開され最終興収31.4億円を記録した『アメイジング・スパイダーマン2』対比で148%という出足で、今後、どこまで数字を伸ばしていくかにも注目だ。






MOVIE Collection