ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!? | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?
(2010年 4月 6日)

『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?

『『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?』
ゼブラクイーンのセクシー衣装で登場した仲里依紗(左)と哀川翔(右)

他の画像はこちらから

『『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?』
左から阿部力、仲里依紗、哀川翔、井上正大、田中直樹(ココリコ)

他の画像はこちらから

『『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?』 『『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?』 『『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?』
哀川翔 阿部力(左)と… 前列左からガダ…

[ムビコレNEWS]  哀川翔主演で、一風変わったヒーロー映画として2004年に公開された『ゼブラーマン』。その続編となる『ゼブラーマン−ゼブラシティの逆襲−』が6年ぶりに誕生。4月5日にJCBホールで完成披露試写会が行われ、哀川のほか、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹(ココリコ)、ガダルカナル・タカ、宮藤官九郎(脚本)、三池崇史(監督)らが舞台挨拶に登壇した。

[動画]哀川翔、仲里依紗らが登壇。『ゼブラーマン2』舞台挨拶

開口一番、哀川は「やっと完成しました。前作『ゼブラーマン』から6年の月日が経ちましたが、いやいやいやいや、良いのができました」とコメント。「今日は思う存分笑って、楽しんでいただき、見終わったらみんなにメールしてください(笑)」と映画をアピール。ゼブラーマンの最強のライバル・ゼブラクイーンを、全身黒ずくめの衣装で演じた仲も「みなさんにお見せできる日が来て嬉しいです。真っ黒に染まって帰って下さい」と挨拶していた。

また仲は、悪役に歌にアクションにと、初めてづくしの今回の役について「身も心も全て出し尽くして、もう出すとこないんじゃないかというくらい出した」とコメント。これを受けた三池監督から「結論として(次は)スッポンポンになるしかない」と言われると、「モザイクをかけてもらえれば」とゼブラクイーンらしい大胆発言で返答し、会場を沸かせていた。

さらに、「ゼブラクイーンを演じるに当たって、この衣装とメイクがなかったら、できなかった」と、露出度の高いセクシー衣装があったからこそヒールに徹することができたと明かす仲は、「ホント、最強ですよね。布の面積が少なくて、毎回、網しかもらえなかった(笑)」と、衣装に使われている布地がいかに少なかったかを強調していた。

また、脚本の宮藤から、「前作の『ゼブラーマン』が2010年という設定で、続編が製作されたのが2010年。だから、次にやるとしたら2025年」という話も飛び出した。これに対し哀川は、「2025年だよ。15年後ですよ。幾つですか、俺?」と決めゼリフ「白黒つけてやる」を年寄り風に決め、笑いを誘う。が、一方で「2025年にどうなっているのか? 彼(宮藤)がどういう構想を練っているのか? ものすごく楽しみ」と、15年後の次回作にも意欲を見せていた。

『ゼブラーマン−ゼブラシティの逆襲−』は2025年が舞台。かつて東京と呼ばれた場所ゼブラシティは、警察官や権力者たちが、朝夕の5分間だけ無条件で民間人を撃ち殺していい「ゼブラタイム」が導入された暴力都市となっていた。そんなゼブラシティに君臨する知事の娘ゼブラクイーン(仲里依紗)とゼブラーマンが壮絶バトルを繰り広げるストーリーで、5月1日より丸の内TOEI 1ほかにて全国公開される。

【関連記事】
挨拶できぬ彼はダメ!木下優樹菜と哀川翔が映画イベントで父娘談義
[動画]『96時間』イベント/「父はウザい!?」 哀川翔と木下優樹菜が父娘関係の本音をトーク
『時をかける少女』舞台挨拶で、仲里依紗と中尾明慶の演技を監督が絶賛!
[動画]『時をかける少女』仲里依紗と中尾明慶、舞台挨拶

MOVIE Collection