ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

精子バンクで一番人気はこの俳優! 知性と好感度を兼ね備えた理想の男性とは? | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 精子バンクで一番人気はこの俳優! 知性と好感度を兼ね備えた理想の男性とは?
(2016年 10月 4日)

精子バンクで一番人気はこの俳優! 知性と好感度を兼ね備えた理想の男性とは?

『精子バンクで一番人気はこの俳優! 知性と好感度を兼ね備えた理想の男性とは?』
『ジェイソン・ボーン』プロモーションで来日したマット・デイモン

他の画像はこちらから

[ムビコレNEWS]  ハーバード大学に学んだ秀才
『ボーン』以前は性格俳優の印象

記憶を失った孤高の暗殺者を描く『ボーン』シリーズで、9年ぶりの最新作にしてタイトルもずばり『ジェイソン・ボーン』に主演するマット・デイモン。シリーズ第1作『ボーン・アイデンティティー』(02)撮影時には29歳だった彼は10月で46歳になるが、今回も鍛え抜いた体躯でスピード感あるアクションを見せている。

マット・デイモンが約9年ぶりに来日! お団子ヘアーは似合う? 似合わない?

ジェイソン・ボーンは今や紛れもなくデイモンにとって最大の当たり役だが、『ボーン』シリーズ以前の彼にはアクション作品のイメージはなく、幼馴染で盟友のベン・アフレックと共にアカデミー賞脚本賞を受賞した主演作『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(97年)や、『太陽がいっぱい』でアラン・ドロンが演じたタイトルロールを務めた『リプリー』(99年)など、朴訥な外見に隠された複雑な人格を見事に表現する性格俳優という印象だった。

1970年、マサチューセッツ州に生まれたデイモンはハーバード大学に進学した秀才。当時から俳優志望で、大学在籍中に映画やテレビに出演、やがて大学を中退して俳優業に専念するが、ブレイクのチャンスには恵まれず、「チャンスがないなら、自分たちで作る」とアフレックと2人で映画化を実現させた『グッド・ウィル・ハンティング〜』で一躍脚光を浴びた。これを機に、現在まで快進撃を続けているが、彼の特徴は大物監督に愛され、一度組んだ監督から何度も声がかかるという二点だ。

撮影の度に恋に落ちた華やかな恋愛遍歴から一転、
結婚後は連れ子も含めて4人の娘の良き父に

『レインメーカー』(97年)でフランシス・フォード・コッポラ、『プライベート・ライアン』(98年)でスティーヴン・スピルバーグに起用されてきた彼は30代になってすぐ、『オーシャンズ11』(01年)でスティーヴン・ソダーバーグ監督と出会う。『ボーン』シリーズと並行して『オーシャンズ』シリーズにも出演、ソダーバーグ作品では『コンテイジョン』(11年)、『恋するリベラーチェ』(13年)などで幅広い演技を見せている。クリント・イーストウッド監督とは『インビクタス/負けざる者たち』(09年)、『ヒア アフター』(10年)と2作続けて主演を務めた。『ブラザーズ・グリム』(05年)、『ゼロの未来』(13年)のテリー・ギリアム、『オーシャンズ』シリーズ共演で意気投合したジョージ・クルーニーの監督作やプロデュース作にも出演している。大作ばかりではなく、『グッド・ウィル・ハンティング〜』のガス・ヴァン・サント監督とは脚本・編集も兼任の主演作『GERRY ジェリー』(02年)、脚本・製作も兼ねた『プロミスト・ランド』(12年)がある。

監督と俳優の名コンビは、スコセッシ&デ・ニーロあるいはディカプリオ、ティム・バートン&ジョニー・デップなどいくつもあるが、デイモンほど多くの監督と長期にわたる良い関係を築いている俳優というのは他に例を見ない。大ヒットシリーズの主役を務めながら、型にはまることなく、シリアスなドラマからコメディ、作家性の強いアート作までこなしている。『インターステラー』(14年)でクリストファー・ノーランと、アカデミー賞主演男優賞候補になった『オデッセイ』(15年)ではリドリー・スコットと組み、年末には張芸謀(チャン・イーモウ)監督の米中合作映画『The Great Wall(英題)』が中国で公開が予定され、さらに活躍の場を広げている。

俳優としてのクセのない柔軟さは、役を演じていない“マット・デイモン”というキャラクターまでも作り出す。アメリカのトーク・ライブ番組『Jimmy Kimmel Live!』には10年以上にわたって司会者のジミー・キンメルと“マット・デイモン”の確執という設定があり、デイモンはしばしば番組に登場してキンメルにいじられている。先日はキンメルが司会を務めたエミー賞授賞式で唐突にステージへ登場、逆にキンメルをいじり倒す確執コントを演じた。フットワークの軽さとユーモア・センスに知性を感じる。

中年期を迎えて40代50代のスター俳優たちには離婚騒動が絶えないが、彼は家庭も安泰の様子。もっとも20代ではクレア・デインズ、ミニー・ドライヴァーにペネロペ・クルス……と共演した女優と毎回のように恋に落ち、ウィノナ・ライダーとも交際したり、と恋愛遍歴も華やかだったが、35歳で一般女性と結婚。彼女の連れ子を含む4人の娘の父親になった。目を見張るようなハンサムではないけれど、知的で清潔感のある外見は好感度抜群で、アメリカの精子バンクでは常に「マット・デイモン似」の男性ドナーが一番人気だという。仕事ができて、家族を何よりも大切にして、親しみやすい十人並みの外見。いそうでいない、俳優としても1人の男性としても理想形なのは、実はマット・デイモンなのかもしれない。









MOVIE Collection