ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> 映画 >> 津軽百年食堂

津軽百年食堂

 桜舞う弘前で百年続く味への想いが感動を呼ぶ! オリエンタルラジオ初主演作

 2011年4月2日より公開

津軽百年食堂
予告編動画
フォトギャラリー
津軽百年食堂
公式サイト

[見どころ]

弘前城の桜まつりを舞台に、百年続く食堂の4代目となる若者の葛藤や故郷への想い、家族愛などを描いた心温まる作品。原作は、森沢明夫の同名小説。人気お笑いコンビ、オリエンタルラジオの藤森慎吾と中田敦彦が、それぞれ4代目と初代を演じ、映画初主演を 果たした。監督は、『ヒポクラテスたち』(80年)や『「さよなら」の女たち』(87年)、『ゴジラVSキングギドラ』(91年)など数多くの作品を世に送り出しているベテランの大森一樹。ヒロインの七海役には初主演作『櫻の園 ─さくらのその─』(08年)をはじめテレビドラマ、舞台、映画での活躍目覚ましい福田沙紀。4代目の陽一とぶつかる父親役にはベテラン俳優、伊武雅刀が扮している。

[ストーリー]

百年続く津軽蕎麦の店「大森食堂」の4代目にあたる陽一(藤森慎吾)は、父・哲夫(伊武雅刀)との確執から食堂を継がずに東京で暮らしていた。食堂は、明治末期に初代・賢治(中田敦彦)がやっとの思いで出した店だった。陽一は、父への反発心と故郷への想いとの間で心揺れていた。そんなとき、父が交通事故で入院し、陽一は久しぶりに故郷に戻る。同郷の七海(福田沙紀)や祖母の心に触れることで、陽一の心は少しずつ変化していく。そして、弘前城が一年でいちばん美しく彩られる、弘前さくらまつりの日を迎える。

[スタッフ・キャスト]

[監督]大森一樹
[脚本]青柳祐美子、大森一樹
[原作]森沢明夫
[出演]藤森慎吾、中田敦彦、福田沙紀、ちすん、伊武雅刀
[DATA]2011年/日本/日活、リベロ/106分

[フォトギャラリー]