ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『超・少年探偵団NEO-Beginning-』高杉真宙インタビュー

憧れの人・神谷浩史との共演に興奮!

『超・少年探偵団NEO-Beginning-』高杉真宙インタビュー
僕の名前を覚えていただいてたんです! 嬉しいです

『超・少年探偵団NEO −Beginning−』
2019年10月25日より全国順次公開中
(C)2019 PROJECT SBD-NEO
ミステリーの傑作にして大ベストセラーである、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ。戦前に連載開始されたものだが、『名探偵コナン』しかり、今なおアイコンとして愛され続けている。そんな伝説的な傑作をリブートした実写映画『超・少年探偵団NEO-Beginning-』が公開される。

これは、怪人二十面相、明智小五郎、小林少年らのそれぞれ子孫たちが繰り広げる新感覚学園ミステリーだ。主人公である初代小林少年のひ孫である小林芳狼を演じたのは若手実力派の高杉真宙。本作の舞台挨拶を終えたばかりの彼が作品への思いや、憧れの人との共演について語ってくれた。


──ファンの方と交流する機会は多くないと思いますが、舞台挨拶ではいかがでしたか?

高杉:目の前にみなさんがいらっしゃって、こんなに見に来てくれるんだと感動しました。今は上映前だったので見た後とでは熱気が違うんじゃないかと思います。みなさんの感想を聞いてみたいですね。

高杉真宙
──江戸川乱歩の原作の「少年探偵団」についてはどうですか?

高杉:小学生のときに2、3冊読みました。表紙がレトロで怖い感じで。僕の演じた芳狼と原作の小林少年はイメージを寄せませんでしたが、原作のワクワク感は共通していると思います。

──出演の話があったときの第一印象はいかがでしたか?

高杉:あの原作をどんなふうに映像化するんだろう?と思いましたが、脚本を読んでまた新しい“ 少年探偵団“を作っていけばいいんだなと理解しました。

──レジェンド的な原作を扱うプレッシャーもあったんじゃないでしょうか?

高杉真宙
高杉:原作のすごさを知ってるだけにプレッシャーはありました。ただ、今回は原作を読んでもらいたいという思いから出発してます。僕にとって俳優はみなさんにいろんな情報を伝えることができる仕事だと思っています。原作を読んだことがない方もいると思うので、後世に引き継がれるべき作品が引き継がれないのは悲しくて。原作を手にとってもらえると嬉しいです。

──完成された作品を見ていかがでしたか?

高杉:アニメやVFXとか撮影中はわからなかったことも多かったので、完成作を見てびっくりしました。とくに“青毛布の者”はこんなだったんだ!と驚きました。想像していたよりもずっと怖かったです。

──毛布って怖いイメージがないですからね。怪人二十面相も印象的でした。天野喜孝(「ファイナルファンタジー」などのキャラクターデザイナー) さんがデザインを手掛けられていましたが、ゲームもお好きな高杉さんとしてはいかがでしたか?

高杉真宙
高杉:いやー、最高ですね! デザイン画を見せてもらったんですが、すごいのひと言です。絵を見ただけで「天野さんだー!」ってわかるのはさすがです。唯一無二ですよね。

──しかも、怪人二十面相の声は声優の神谷浩史さんですね。

高杉:そうなんですーーー! 以前「ラジレンジャー」(「東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー」)というラジオ番組で一度お会いして、それはもう最高のひとときを過ごせまして。今回は実際にはお会いできなかったんですが、「高杉真宙」っていう名前を覚えていただいてたんです! 嬉しいです!! ありがたいことに作品の中で共演させていただけたのも嬉しいです!

──神谷さんの出演された作品で思い入れ深いものはなんですか?

高杉真宙
高杉:『化物語』ですね。僕は青春真っ只中だったのでとくに印象深いです。

──同世代の俳優が大勢出演してますが、彼らとの共演はいかがでしたか?

高杉:僕が言うことではないかもしれないけど、元気をもらえました(笑)。僕自身ははっちゃけたりするタイプではないので、みんなが明るくて現場を盛り上げてくれて。驚くほど僕が知ってる人たちばかりで、いいメンバーと撮影できて幸運でした。

──印象に残ってるシーンはありますか?

高杉:冒頭の桜のシーンですかね。クランクインのシーンだったんですが、佐野くんとこんなに初めから簡単に会話のキャッチボールできるものか?!っていうぐらいスムーズで。佐野くんとは『仮面ライダー鎧武/ガイム』で一年間ガッツリと共演させてもらったので、まったくギクシャクせずにできて。幼なじみという設定のレベルくらい違和感なかったです。

──佐藤二朗さんについてはいかがでしたか?

高杉:ド迫力でした! でも、威圧感とか全然なくて緊張させないんですよね。(佐藤さんの演技では)純粋に笑いを堪えるのに必死でした。

──コミカルな演技にも興味がありますか?

高杉:台本に書いてあることならやりたいです。アドリブというものに引け目を感じるんです。律儀にキチキチとやるのは嫌いじゃないです。

──憑依型の演技よりも、監督の思い描く理想に到達したい方ですか?

高杉:うーん。本番までにパズルを組み立てて完成させて、本番でどう崩すかだと思っています。憑依型というのは僕はないし、そうなりたいとも思わないです。ある程度のアドリブもやりたいと思いますけど、それも計算でやりたいですね。

──このキャラクターならこうするだろうと計算するわけですね。崩すというのは具体的にはどういうことですか?

高杉:演技は1人でするものじゃないと思っていて、現場の空気を感じながら組み立てていく、そういう演技が理想です。

──高杉さんは悪役もハマると思ってます。『渇き』や、この夏放送があった『サギデカ』も悪役というか複雑な役どころでしたね。

高杉:いろんな役どころをやっていきたいです。学生役が減ってきてからは社会人の役どころも増えてきました。僕は高校生役もまだやりたいですけど、社会人は仕事の数だけたくさんの役どころがあって、さまざまな職業のキャラクターを演じていきたいです。

──以前の取材では戦争ものに出たいと話されていましたが、今はどうですか?

高杉:出たいです、ずっと思っています。

──俳優は情報を伝えられる仕事だと言われましたが、それが高杉さんの俳優としてのモチベーションですか?

高杉:それは大きいです。ただ、いくつかあるうちのひとつですね。単純に僕がやっていて楽しい、それが一番大きなモチベーションです。


(text:入江奈々/photo:ナカムラヨシノーブ)

(2019/10/30)


【関連記事】



高杉真宙
たかすぎ・まひろ

1996年7月4日生まれ。福岡県出身。2012年『カルテット!』で映画初主演を飾り、2013年『仮面ライダー鎧武/ガイム』で仮面ライダー龍玄に抜擢される。2017年『散歩する侵略者』で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。他に『逆光の頃』(17年)、『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』、『虹色デイズ』(共に18年)など話題作に多数出演している。

MOVIE Collection