ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ダンスウィズミー』三吉彩花×やしろ優×chayインタビュー

ジャンルが違う3人だからこそ生まれた仲良し化学反応!

『ダンスウィズミー』三吉彩花×やしろ優×chayインタビュー
最初は不安とプレッシャーしかなかった(三吉彩花)

『ダンスウィズミー』
2019年8月16日より全国公開
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
この夏も話題作が続々と公開しているが、そんななか、「音楽を聞くとカラダが勝手にミュージカルしてしまう」という催眠術を掛けられた女性を主人公にしたハッピーなコメディ・ミュージカル映画『ダンスウィズミー』が今週末より公開中だ。

今回、矢口史靖監督が、踊らずにはいられなくなるヒロインの静香に抜擢したのは、女優・モデルとして活躍している三吉彩花。そして、静香と一緒に旅をすることになる千絵をお笑い芸人のやしろ優、ワケありストリートミュージシャンの洋子を歌手のchayが演じている。そこで、本作をきっかけに仲良しになった3人に撮影秘話やお互いの思いを語ってもらった。


──今回は、オーディションを経ての出演となりましたが、そのときのことを教えてください。

やしろ:マネージャーさんから勧められたのがきっかけでしたが、それまでオーディションではなく、ネタ見せしかしたことがなかったので、どうしようかと悩んでいたんです。なので、とりあえず倖田來未さんのモノマネで「キューティーハニー」を歌わせていただいて、「ハニーフラッシュ!」と監督に向かってやったら受かっちゃいました(笑)。まさかでしたね。でも、最初はドッキリなんじゃないかと思っていました。

──とはいえ、自分のなかで自信はありましたか?

『ダンスウィズミー』
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
やしろ:とにかく自分が最大限できることを監督にぶつけようという気持ちだけですね。自分らしさも出せたので、たとえ受からなくても監督に名前だけでも知ってもらえたら次に繋がるかなという感じでした。

──三吉さんのオーディションはどのような形でしたか?

三吉:私はカラオケボックスでのオーディションで、課題曲2曲を歌ったのとダンスとセリフの読み合わせをしました。でも、まったく手ごたえがなかったので、決まったと聞いてびっくりでしたね。そのときに(EGO-WRAPPIN'の)「くちばしにチェリー」とchayさんの「あなたに恋をしてみました」を歌いましたが、まさかご本人に会えるとは……。

chay:私も後から聞いて驚きました。洋子役は、「課題曲を歌っているchayさんもどうですか?」とスタッフさんが監督に言ってくださったのがきっかけでオーディションを受けたんです。ただ、私は演技未経験。そこで、「演技はできませんが、歌だけは歌えます!」と言って、ギター1本で2曲を監督の前で歌わせていただきました。まさか自分が映画に出る日が来るなんて夢にも思ってなかったですし、矢口監督作品の大ファンだったので感動しました。

──本作は、邦画ではあまりないミュージカル作品ですが、そこで不安やプレッシャーはなかったですか?

『ダンスウィズミー』
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
三吉:最初は、不安とプレッシャーしかなかったですね(笑)。ミュージカルは好きなので、いつかは挑戦してみたいと考えてはいましたが、こんなにも早くご縁があるとは思ってもみなかったです。ただ、矢口監督の最新作ということと、日本で初めてのコメディ・ミュージカル映画ということもあり、注目度が高いので期待以上の作品にしなきゃという気持ちにはなりました。でも、まだ自分のスキルが追い付いていなかったですし、いろんな葛藤もあったので、撮影の中盤までは楽しむ余裕はなかったですね。特に1人で練習しているときはきつかったです。

──では、楽しめるようになったきっかけは?

三吉:途中からやしろさんやchayさんたちと撮影で各地を回ったり、みなさんと歌ったり踊ったりするシーンが増えてきたのは大きかったです。そこで、みんなも同じ不安を持っているんだと思えました。特にこの3人は職種もバラバラですけど、お互いに補い合いながら撮影していたので、大変なことも共有しながらモチベーションを保てたと思います。

やしろ優
やしろ:私は台本をもらったときに、かなり出番があるのを知って、正直ちょっと引いてしまいました(笑)。しかも、私がイメージしていた映画の現場というのは怖いものだったので……。でも、監督はまったくピリピリ感を出さない方ですし、撮影中はプレッシャーもなく、本当に毎日楽しかったです。

──そんななかでも、ずっとドッキリだと思われていたそうですね。

やしろ:結構ずっと疑っていましたね。監督も「さっきドッキリの看板を持ってた人いたよ」とか言うんですよ! なので、「本物の矢口史靖監督なんだろうか」とずっと警戒しながら演じていました(笑)。

──chayさんも映画の現場は初めてでしたが、どう感じましたか?

『ダンスウィズミー』
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会
chay:いつもとまったく違う現場で右も左もわからなすぎたので、よくわからないまま入って、よくわからないまま終わったような感じでしたね(笑)。私もやしろさんと同じように、映画の現場は怖いイメージがあって、監督が罵声を浴びせたり、灰皿が飛んできたりするのかなとか思っていました。でも、監督は物腰が柔らかくて優しい方だったので、リラックスして挑むことが出来たと思います。

──では、あまり不安になることはなかったんですね。

chay:そうですね。あと、大学時代はギターしか弾いてなかったこともあり、「青春を取り戻せた!」と感じるほど楽しかったです。撮影のあとも夜中までやしろさんの部屋でカードゲームしたり、みんなでおしゃべりしたりしていました。朝が早くても全然苦じゃなかったですし、とにかくみんなに会いたいという感じだったので、大切な仲間ができたこともうれしかったです。

(2019/08/16)


【関連記事】



三吉彩花/中央
みよし・あやか

1996年6月18日生まれ、埼玉県出身。2010年よりアイドルグループ「さくら学院」のメンバーとして活動を始めたのち、「Seventeen」の専属モデルとして絶大な人気を獲得。同誌を卒業後は、「25ans」や「ELLE Japan」などでモデルを務める。女優としても映画やドラマで注目を集め、『グッモーエビアン!』(12年)では 第67回毎日映画コンクールと第35回ヨコハマ映画祭で新人賞を受賞した。主な出演作は、『告白』(10年)や『旅立ちの島唄〜十五の春〜』(13年)、『いぬやしき』(18年)など。


やしろ優/左
やしろ・ゆう

1987年7月9日生まれ、神奈川県出身。短大で保育士や幼稚園教員などの資格を取得したのち、お笑い芸人を志す。ワタナベコメディスクールに入学するも、卒業後は2年間の下積みを経験。その後、ワタナベエンターテインメントに所属する。モノマネを得意としており、芦田愛菜や倖田來未のネタでブレイクを果たす。幅広いレパートリーで人気の女性芸人。


chay/右
ちゃい

1990年10月23日生まれ、東京都出身。幼少の頃から歌手を目指し、小学生の頃からピアノで作曲。その後、大学からはギターを始め、路上ライブなどを経て本格的に音楽活動をスタートさせる。2012年には「はじめての気持ち」でCDデビュー。2013年10月から2014年3月まで『テラスハウス』に出演し、話題となる。2015年には「あなたに恋をしてみました」が50万ダウンロードを突破する大ヒットを記録。歌声とcuteな容姿のギャップで多くのファンを獲得している。

MOVIE Collection