ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラット インタビュー

メガヒットシリーズに続投! 圧巻サバイバルの舞台裏を語る

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラット インタビュー
スケールが大きく、圧倒的で興奮しっぱなし!

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
2018年7月13日より全国公開
(C)Universal Pictures
『ジュラシック・ワールド』の公開から3年、あの圧巻映像が帰ってきた! 最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』では、シリーズ最多の恐竜たちが暴れまわり迫力も倍増だ!! 舞台となるのは、火山大噴火の予兆が色濃い絶海の孤島、放棄されたジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島。恐竜を救い出すべく島に向かった主人公たちの、サバイバル・アドベンチャーが、今始まる……。

ムビコレでは、前作に引き続き主演をつとめたクリス・プラットに、テーマや見どころなどを語ってもらった。


──『ジュラシック・パーク』では、テクノロジーと自然の驚異の関係性を描いていますが、本作品ではどうでしょうか。

プラット:『ジュラシック』シリーズは全作品を通じて、科学と想像力の融合というテーマを持ち、恐竜が人間を追いかけ回すスリラーだ。だが、核心的なところでは人間同士の関係、そして人間と自然との関係を描いている。本作はそのような関係性をさらに探求している。

──前作に引き続き素晴らしいキャストが揃いましたが、キャスティングについてはどんな印象を受けましたか。

左からスティーヴン・スピルバーグ(製作総指揮)、ブライス・ダラス・ハワード、クリス・プラット
プラット:トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、テッド・レビン、ジャスティス・スミス、ダニエラ・ピネダ、イジーことイサベラ・サーモン……彼女は本当にかわいらしくて演技もうまかったな。そしてジェラルディン・チャップリン。素晴らしいキャストが揃った。もちろんジェフ・ゴールドブラムもね。正直、ジェフにはシビれたよ。そして、ブライスと僕、という訳だ。他にも素晴らしいキャストがいるけど、とにかく本作は、層の厚いキャストと素晴らしいストーリーで新たな段階に入る。よりスケールが大きく、圧倒的で、興奮しっぱなしだ。とにかく、『ジュラシック』らしさが詰まった大作だよ。きっとみんなに喜んでもらえる。

──この作品ではブライス・ダラス・ハワードと再びタッグを組んでいますが、彼女自身について改めて感じたことを教えてください。

プラット:ブライスは真にプロフェッショナルな女優だ。何しろ『アポロ13』などの名監督にして名優のロン・ハワードの娘であり、彼女自身とても真面目な女優だ。
 彼女の体には(生まれながらに)映画人の血が流れてるんだよ。彼女は女優であると同時に、映画人だ。監督、製作、脚本もこなす。ブライスは人生のすべてを映画に捧げている。映画作りのすべてのプロセスに関してとても情熱的に取り組む人だ。

──新たに本作の監督となったJ・A・バヨナ監督は、『怪物はささやく』でスペイン版アカデミー賞とも呼ばれるゴヤ賞9部門を受賞した鬼才です。お仕事してみていかがでしたか?

クリス・プラット
プラット:監督は映画オタクで、様々なタイプの映画に精通している。中でもスリルと危険に満ちた作品を好んでいるようだね。監督のそのような特質を本作にしっかりと持ち寄せてくれている。本作は見ていてハラハラドキドキする作品だよ。
 効果的な音楽、ゆっくりとしたペース、サスペンス感に溢れた場面作りをする。目に見えるものではなく、どこか近くに潜んでいるけれど見えない恐怖を描くのが上手だ。監督は『ジュラシック』の基本に立ち返っているね。元々、『ジュラシック』シリーズはサスペンスに溢れたスリラー映画だ。科学と想像力、そしてサスペンスとスリル。本作ではそれらがしっかりと描かれている。

──アクションシーンは前作にも増してさらに壮大になっていますが、苦労した点や見どころを教えてください。

プラット:前作もかなりきつかったけれど、本作はそれ以上に肉体的にハードだった。例えばトラックの荷台から転げ落ちたり、高い所から水中に飛び込んだりしてね。1週間もかけて水中のシーンを撮影したよ。それに、迫力満点のファイトシーンもたくさんある。1作目のアクションヒーロー的な要素を本作でも取り上げて、さらにレベルアップしている。

(2018/07/13)


【関連記事】



クリス・プラット
Chris Pratt

1979年6月21日生まれ、アメリカ、ミネソタ州ヴァージニア出身。カナダの女優レイ・ドーン・チョンが監督した『Cursed Part 3』(00年)でデビュー。09年から15年にかけて出演したテレビドラマ『パークス・アンド・レクリエーション』で人気を博し、14年公開のアニメーション映画『LEGO ムービー』では主人公エメットの声に抜擢。同年、ジェームズ・ガン監督のSF映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ではマーベルコミックスのヒーロー、スター・ロードを演じてブレイクした。主演をつとめた『ジュラシック・ワールド』(15年)が世界興収16億ドルを突破してシリーズ最大のヒット作となり、世界的な注目を集める俳優の1人となった。

MOVIE Collection