ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』ジム・ジャームッシュ監督インタビュー

オフビートな吸血鬼映画を監督したインディペンデント映画の巨匠

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』ジム・ジャームッシュ監督インタビュー
僕はヴァンパイアでラブ・ストーリーを作りたかった

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(84年)、『コーヒー&シガレッツ』(03年)、『ブロークン・フラワーズ』(05年)などでお馴染みのオフビートなユーモアと独特の映像センスでコアなファンをもつ鬼才ジム・ジャームッシュ監督。米インディペンデント映画界の最大の巨匠とも呼ばれる彼が7年間温めた集大成が『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』だ。

21世紀に生きる吸血鬼を主人公にした作品で、世紀を超えて愛し合うアダムとイヴ、そしてイヴの破天荒な妹エヴァの3人の姿が描かれていく。

永遠の命を持つ吸血鬼たちの孤独を、ユーモラスで且つシニカルに描いたスタイリッシュな本作について、ジャームッシュ監督に話を聞いた。


『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.
──『リミッツ・オブ・コントロール』(09年)から4年ぶりの新作ですが、この映画を作ろうと思ったきっかけは?

監督:この種の映画は金が儲かるぞ、と聞いたからです。

──本作は7年もの月日が費やされた作品ですが、そんなに時間がかかったのはなぜですか?

監督:誰も僕らにお金をくれなかったからです!(資金集めは)とても難しかったですし、作り上げるのにとても時間がかかりました。現在、映画を作るのは、(以前より)さらに難しくなっています。おそらく少し特殊だとか、予想できないだとか、人々の何かに対する期待を満たしていないだとか。とにかく、僕らがこの映画を作るのに、手助けしたいと言ってくれる人々が十分にいなかったから長い時間がかかってしまったんです。

──ヴァンパイア映画にした理由は?
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.

監督:僕はヴァンパイアでラブ・ストーリーを作りたかったんです。僕は現代のコマーシャルなヴァンパイア映画をあまり見たことがありません。でも、ヴァンパイア映画の歴史全体に愛情を持っていますし、たくさんの素晴らしい映画があります。それで実際、(イヴを演じた)ティルダ(・スウィントン)と僕はこの件に関して話をしていて、7年前から脚本はあって、実際に制作するのは非常に難しかったけれども、でもティルダは物事がうまく行かないときもけっして諦めず、常に「つまり、この映画を作るのに時期が熟してないということよ、それはいいことだわ」と言っていました。僕はそれがいいことなのか分からなかったけれども、でも最終的にはそういうことだったんだと思います。

──あなたの映画はとても音楽が素晴らしく、本作も同様です。監督があまり映画を分析してほしくないという希望を持っているのは知っていますが、音楽選びのポイントについて教えてもらえれば嬉しいです。監督自身も音楽の制作をされるということですが、そういったことも音楽選びに影響を与えていたりするのですか?
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.

監督:僕は、(僕の)映画を分析する方々を切り捨てたいわけではありません。ただ皆さんに、僕にそれをしてくれと言ってほしくないだけです。
 僕にとって音楽は非常に、非常に重要です。第一に音楽の核となるのは、ジョセフ・ヴァン・ヴィセムです。彼は作曲家であり、ルート奏者であり、ギター奏者であり、アヴァンギャルドな作曲家であり、そしてまたアヴァンギャルドな、ロックンローラーな側面も持っております。本当にたくさんの才能の持ち主です。
 彼は音楽の中心です。映画の音楽のうちのいくつかは、彼がリーダーとなり、我々と共に作ったものです。そしてまた、(歌手の)ヤスミン・ハムダンによる、素晴らしいオリジナル・ソングもありました。僕は彼女に多大な敬意を抱いています。

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.

数年前にモロッコで彼女の演奏を見て、僕は彼女の音楽の大ファンになったのですが、僕はただ、この素晴らしい生き物を、このミュージシャンを知ったとき、信じられない思いでした。音楽はいつも僕にとって、とても、とても重要なものですし、この映画においても大変重要です。もちろん、僕らがオープニングのトラック使用した、リミックスバージョンのワンダ・ジャクソンの“Funnel of Love”があります。だいぶ変えてはありますが、オリジナルのトラックもなかにはいくつかあります。

(2013/12/24)


【関連記事】



ジム・ジャームッシュ
Jim Jarmusch

1953年1月22日生まれ、アメリカのオハイオ州出身。作家を目指してコロンビア大学に入学し英文学を専攻。その後、ニューヨーク大学大学院映画学科に進み、卒業制作で手掛けた『パーマネント・バケーション』(80年)で注目を集め、第2作目となる『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(84年)では独創性、新鮮な演出が絶賛され、84年カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞し世界的な脚光を浴びる。以後もネイティブ・アメリカンの死生観をジョニー・デップ主演で描いた『デッドマン』(95年)、ビル・マーレイ主演で中年男の悲哀を描いた『ブロークン・フラワーズ』(05年)、制作に18年をかけ“コーヒー”と“タバコ”にまつわるエピソードを綴った短編集『コーヒー&シガレッツ』(03年)など話題作を発表。長年インディペンデント映画界において、独創性に富み影響力のある人物として認められ、その作品は一貫して社会のアウトサイダーたちを見つめ、独特のオフビートな作風で世界中の映画ファンを魅了し続けている。

2013年12月20日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開
[監督・脚本]ジム・ジャームッシュ [出演]トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハート [原題]ONLY LOVERS LEFT ALIVE [DATA]2013年/アメリカ、イギリス、ドイツ/ロングライド/123分

(C) 2013 Wrongway Inc., Recorded Picture Company Ltd., Pandora Film, Le Pacte &Faliro House Productions Ltd. All Rights Reserved.

MOVIE Collection