ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」 | 映画/DVD/海外ドラマ

トップ >> NEWS >> 『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」
(2010年 2月 27日)

『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」

『『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」』
市原隼人(右)と比嘉愛未(左)

他の画像はこちらから

『『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」』
映画を表す一言に「子供」だとした市原隼人

他の画像はこちらから

『『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」』 『『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」』 『『猿ロック』初日舞台挨拶で市原隼人、「大人にはなれないですね…」』
市原隼人(右)… お互いのボード… 左から渡部豪太…

[ムビコレNEWS]  市原隼人が、女に目がない天才カギ師・サルを演じたアクション娯楽作『猿ロック THE MOVIE』が2月27日に公開初日を迎え、新宿バルト9でキャストらが舞台挨拶を行った。

[動画]『猿ロック THE MOVIE』予告編

登壇したのは主演の市原、ヒロイン役の比嘉愛未をはじめ、高岡蒼甫、芦名星、渡部豪太、小西真奈美、前田哲監督の計7名。大きな拍手で迎えられた市原は「疾走感ただようシーンがたくさんある映画。(現場では)みんなで良い作品を作ろうという雰囲気がありました」と映画について語った。

その後、それぞれが考える、この映画を表す一言をボードで発表したのだが、市原の書いた言葉は「子供」。その理由は、「(主人公の)サルの眼差しが真っ直ぐでピュアで。(サルは)周りの言葉に左右されずに、目の前のモノや出来事をまっすぐに感じるから」だと、主人公の子供のような純粋さについて説明。司会から「市原さんも子供ごころを大切にしている?」と聞かれると、「大人にはなれないですね……」と照れくさそうに語った。

比嘉が書いたのは「信じる」という一言で、「人を信じることの大切さを、サルから教わると思います」。芦名は「心」と書き、「サルの心はみんなに透けて見える。だから相手も心を開いてくれる」と、やはり主人公のまっすぐでオープンな性格の素晴らしさについて語っていた。

映画については、「見た後に爽快感を感じていただけるような作品」と小西。芦名は、「スッキリと心に響いてくる。真っ直ぐな思いが伝わると思うので、楽しんでいってください」と話していた。

【関連記事】
警察も想定外!? 市原隼人のあまりの人気で映画イベントが急きょ中止に
命がけの撮影に挑んだ市原隼人に監督が感謝!『猿ロック』舞台挨拶
羽織袴姿の市原隼人が、豊臣秀吉ゆかりの神社で映画ヒット祈願。
『猿ロック THE MOVIE』作品紹介


MOVIE Collection